You Never Give Me Your Money 和訳/歌詞 – ビートルズ (The Beatles)

Abbey Road

 706 total views

君はお金をよこさない

 

You never give me your money,

君はお金をよこさない

 

You only give me your funny paper,

おかしな紙切れをよこすだけ

 

And in the middle of negotiations, you break down.

そして交渉中に君は落ち込む

 

I never give you my number,

ぼくは楽曲を決して渡さない

 

I only give you my situation,

ただこの難局を伝えるだけ

 

And in the middle of investigation, I break down.

そして追求の途中でぼくは行き詰まる

 

Out of college, money spent,

大学を出て、金を費やし

 

See no future, pay no rent,

未来も見えず、家賃は支払えず

 

All the money’s gone, nowhere to go.

金はすべて消えた

どこにも行き場はない

 

Any jobber got the sack,

日雇いはみんなクビ

 

Monday morning turning back,

月曜の朝に逆戻り

 

Yellow lorry slow, nowhere to go.

黄色い大型トラックはノロい

行くあてはない

 

But oh, that magic feeling, nowhere to go!

だけどああ、あの魔法の感覚

行き場のない!

 

Oh, that magic feeling, nowhere to go!

ああ、あの不思議な感じ

行き場のない!

 

One sweet dream

ある甘い夢

 

Pick up the bags and get in the limousine.

バックを抱えてリムジンに乗り込み

 

Soon we’ll be away from here,

すぐにここから離れるよ

 

Step on the gas and wipe that tear away.

アクセル踏んで涙を拭って

 

One sweet dream came true today,

ある素敵な夢が今日、現実になった

 

Came true today, came true today.

今日実現した

今日実現した

 

One, two, three, four, five, six, seven,

1・2・3・4・5・6・7

 

All good children go to heaven.

いい子はみんな天に召される

 

One, two, three, four, five, six, seven,

1・2・3・4・5・6・7

 

All good children go to heaven.

いい子はみんな天に召される

 

 

Words & Music: Paul McCartney
Lead Vocalist: Paul McCartney

 

本作は1969年初頭におけるバンドのビジネス的な取引をテーマとしており、マッカートニーは「ここでの僕は、アラン・クレインの僕らに対する態度を正面から非難している。お金は全然入ってこなくて、あるのはおかしな書類だけ。約束ばかりで何ひとつ実現しないというわけさ」と語っている[1]。ジョン・レノンとマッカートニーがレノン=マッカートニー名義で制作した楽曲はノーザン・ソングスが管理権を持っていたが、経営不振となったころに過半数の株式がソニーATVミュージックパブリッシングによって買収された[4]。マッカートニーは、マネージャーのブライアン・エプスタインの死去以降、グループをまとめる立場にあった。それにより自身の会社「アップル・コア」を立ち上げ、財政面の整理をマッカートニー以外の3人のマネージャーとなったアラン・クレインが担当していたが、会社は財政難に陥り、会社内では亀裂が生じていた[5]。

 

 


プロフィール

いつもご視聴ありがとうございます。
ボカロP、作詞作曲イラスト、また自サイトで洋楽の訳詞などをしています。

かんりしゃをフォローする