Where Are You Tonight? (Journey Through Dark Heat) 和訳/歌詞 – ボブ・ディラン (Bob Dylan)

Street Legal

今夜はどこにいるの?(暗い熱源を通り抜ける旅)

 

There’s a long-distance train rolling through the rain

長距離列車が雨の中を進む

 

Tears on the letter I write

私が書いた手紙の上の涙

 

There’s a woman I long to touch and I miss her so much

触れたいと願う女がいる

彼女がいなくてとても寂しいよ

 

But she’s drifting like a satellite

だけど彼女は漂っている

まるで人工衛星みたいに

 

There’s a neon light ablaze in this green smoky haze

ネオンの灯は緑色にくすんだ靄の中で燃え立ち

 

Laughter down on Elizabeth Street

笑い声がエリザベス・ストリートを下って

 

And a lonesome bell tone in that valley of stone

あの石の谷の寂しい鐘の音

 

Where she bathed in a stream of pure heat

そこで彼女は混じり気のない熱源の流れに浸っていた

 

Her father would emphasize you got to be more than streetwise

彼女の父親は力説するだろう

おまえは世慣れる以上にならなければ

 

But he practiced what he preached from the heart

しかし彼はその心からの説教を順守した

 

A full-blooded Cherokee, he predicted to me

純血種のチェロキー

彼は私に予言した

 

The time and the place that the trouble would start

苦しみの始まるその時と場所を

 

There’s a babe in the arms of a woman in a rage

激怒する女性の腕の中に赤ん坊がいる

 

And a longtime golden-haired stripper onstage

そして舞台上の金髪のストリッパー

 

And she winds back the clock and she turns back the page

彼女は時計を巻き戻してページを逆にめくる

 

Of a book that no one can write

誰も書くことのできない本の

 

Oh, where are you tonight?

ああ、君は今夜どこにいるの?

 

The truth was obscure, too profound and too pure

真実は曖昧であまりに難解で

そして純粋すぎた

 

To live it you have to explode

生きるためにあなたは激怒しなければならない

 

In that last hour of need, we entirely agreed

その必要の一時間で

私たちは完全に合意した

 

Sacrifice was the code of the road

犠牲が道の掟だった

 

I left town at dawn, with Marcel and St. John

私は夜明けに街を去った

マルセルとセント・ジョンと

 

Strong men belittled by doubt

強い者たちが疑念で見くびられる

 

I couldn’t tell her what my private thoughts were

私は彼女に個人的な考えを伝えることができず

 

But she had some way of finding them out

でも彼女にはそれらを見つける何らかの方法があった

 

He took dead-center aim but he missed just the same

彼はど真ん中を狙ったが

とはいうもののしくじった

 

She was waiting, putting flowers on the shelf

彼女は棚に花を置いて待っていた

 

She could feel my despair as I climbed up her hair

彼女は私の失望を感じたかもしれない

彼女の髪をよじ登った時に

 

And discovered her invisible self

そして彼女の見えない自己を発見した

 

There’s a lion in the road, there’s a demon escaped

道にライオンがいる

逃げた悪魔がいる

 

There’s a million dreams gone, there’s a landscape being raped

100万もの夢が失われて犯された風景がある

 

As her beauty fades and I watch her undrape

美しさの衰えた裸の彼女を見ていると

 

I won’t but then again, maybe I might

いいや、でもよく考えてみると

もしかしたら私は

 

Oh, if I could just find you tonight

ああ、ただ今夜あなたを見つけられたら

 

I fought with my twin, that enemy within

私は自分の双子と戦った

心の中の敵だ

 

’Til both of us fell by the way

お互いが倒れるまで

 

Horseplay and disease is killing me by degrees

バカ騒ぎと病が少しずつ私を殺している

 

While the law looks the other way

法律が見て見ぬふりをしている間に

 

Your partners in crime hit me up for nickels and dimes

君の共犯者が私に5セントと10セント硬貨をねだる

 

The guy you were lovin’ couldn’t stay clean

君の愛していたやつはクリーンなままではいられなかった

 

It felt outa place, my foot in his face

どこか場違いな気がした

私の足が彼の顔に

 

But he should-a stayed where his money was green

しかし彼は金のある場所に留まるべきだった

 

I bit into the root of forbidden fruit

私は禁断の果実の根にかじりつき

 

With the juice running down my leg

足に汁が滴り落ちた

 

Then I dealt with your boss, who’d never known about loss

それから損失についてまるでわかっていない君のボスと取引した

 

And who always was too proud to beg

いつも高慢で懇願できないやつだった

 

There’s a white diamond gloom on the dark side of this room

この部屋の暗がりには白いダイヤモンドの闇がある

 

And a pathway that leads up to the stars

そして星へと至る道は

 

If you don’t believe there’s a price for this sweet paradise

もしこの甘い楽園には代償があると信じないのなら

 

Remind me to show you the scars

君に見せる傷跡を思い出させてくれ

 

There’s a new day at dawn and I’ve finally arrived

夜明けには新しい日があり

そして私はようやくたどり着いた

 

If I’m there in the morning, baby, you’ll know I’ve survived

もし朝に私がそこにいれば

私が生き延びたとわかるだろう

 

I can’t believe it, I can’t believe I’m alive

信じられないよ

私は信じられない

自分が生きているなんて

 

But without you it just doesn’t seem right

でも君なしでは全然良くないよ

 

Oh, where are you tonight?

ああ、今夜はどこにいるの?

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編

 

en.wikipedia.org

ディラン氏によると、この曲は個人の「中の敵」に関するものだという。​この曲の批判的な解釈は、ディランの離婚を引き合いに出しているだけでなく、キリスト教への改宗を予示したり発表したりしていることを示唆している。このことは、このアルバム以降の宗教に焦点を当てたプロジェクトで明らかになった。​コメンテーターたちも、ロバート・ジョンソンの作品の歌詞にはほのめかしがあると考えている。

​構成と叙情的解釈
​「今夜の場所は?(ダークヒートの旅)」は、オープニングが「映画の」のロック。​[6] このアルバムでリリースされた「今夜の場所は?(ダークヒートの旅)」の最終版をレコーディングする数週間前の1978年3月のインタビューで、ディランはインタビュアーのバーバラ・カーに、「一人一人が自分の中で奮闘する。そこが戦いの場だ…内で敵に対処できるならば、チャンスに立ち向かえる敵はいない。」と語った。 [7] パトリック・ウェブスターは、双子との喧嘩に言及したディランの発言をこの曲と一緒に指摘し、「内部の敵。」と言った。 [7]

​ヘイリンはディランのカーとのインタビューを引用して、この歌が「最も致命的な敵と戦っている人−その中の一人」についてのものであるという彼の見解を支持している。​Heylinは、Dylanが同じ頃からRobert SheltonとのインタビューでKerrに言ったことと似たようなコメントを、DylanがSheltonに「最後の歌の最後の2節で」と言ったことを指摘している。​叙情的なほのめかしは、HeylinがAlan Lomaxが1937年に録音した伝統的な禁酒の歌「今夜の場所は?(ダークヒートの旅)」 「禁断の果実のジュース」やRobert Johnson 「リバーサイド・ブルース」 (1937) で確認している。​ディランの歌詞は「禁断の実の根を噛んだ/ジュースが足に流れ落ちて」で、ジョンソンの歌は「私の脚にジュースが流れ落ちるまでレモンを絞ってください。」 [10] [4] [11] である。

​Michael Grayは、「馬術と病気は私を徐々に殺しています」という行は、「ブルースを説く(アップ・ジャンプド・ザ・デビル)」 (1938) [b] のブルースを「心臓病を患っていました」とするJohnsonの記述を反映しており、Dylanの「彼はお金のあるところにとどまるべきだった」はJohnsonの「私たちのお金をグリーンにすることができます」 「スペードの女王」 (1937) を参照している可能性があると指摘している。​[c] [5] :359–360

​Grayは、アルバムStreet-Legalは「ディランのキリストへの抱擁の動きを表しています。」と述べている [14] 。Dylanが使用しているこの曲の聖書の言語(「生贄、悪魔、禁断の実、楽園」)は、Michael Gilmourによって知られており、彼はこの曲がDylanの次のアルバムの宗教的な焦点を示すものだと信じている。​ギルモアは、曲の冒頭が「長距離列車」を指しており、ディランの次のアルバムのタイトルがSlow Train Comingであったことを観察している。​[15] R.Clifton SpargoとAnne ReamはStreet-Legalをキリスト教に焦点を当てたアルバムとはみなしていないが、Gilmourと同様にそれは「これから起こることの前触れ。」であったと信じている [16] Heylin、そしてPhillipe MargotinとJean-Michel Guedsonは、歌詞の中の「私は夜明けに町を出て、マルセルと聖ヨハネ/ストロングの男たちは疑いをもって軽んじた」参照が聖ヨハネとキリスト教実存主義者ガブリエル・マルセルに向けられていると推測している [4] [1] 。

​Nogowskiはこの曲を「彼は問題を抱えた男だった…彼はここにいるように聞こえる。」と呼んでいる [3] Stephen Scobieもこの曲には自伝的な要素があると信じており、ディランの離婚判決を「あなたの犯罪のパートナーは、私に10セント硬貨と10セント硬貨を要求しました。」 [17] [10] Michael L.Perlinはこの曲の「法律は反対のように見える」というフレーズを「ディランは、法的手続きが真実に無関心であると見ている。」と呼んでいる [18] 。

songmeanings.com

​私の解釈
​ディランの名曲の一つに違いない。​それはサラのことで、二つのタイミングで苦悩し、裏切り(「激怒した女性の腕の中に赤ん坊がいる」)、彼女を失い、彼女から前進するが、いつも彼女を恋しく思う。​ディランが別の女性と一緒にいて、サラが自分の家で彼女を見つけて、子供たちと一緒にいて、子供たちを連れ去ることを考えると、禁止された果物、夜明けに町を出ること、内紛、壊れた関係の不明瞭な真実、爆発しないと生きていけない真実などのイメージが意味をなし始める。​別の女性がいます別の甘い楽園ですしかしその代償は傷です。​離婚の歌でしょ?​最高の離婚歌かもしれない。

​一般的なコメント
​これは彼の最高の歌だ。

​このアルバムは初めて聞いたときから大好きでした。​「ディランのベストアルバム」はあり得ないので評価しませんが、私にはトップに近いです。​なぜみんながそれを全部台無しにするのか理解できません。​おそらく、私が見た30回ほどのコンサートの最初のものが、このアルバムでツアーしていたものだったという事実に影響されているのでしょうが、彼は 「Where are you Tonight」 を含むストリート・リーガルの二曲しか演奏していませんでした。​私は、実際にショーの録音を持っています。​とにかく私はいつも考えていました

​もしあなたがこの甘い楽園に値段があると信じないなら
​あなたに傷を見せることを私に思い出させてください

​「この甘い楽園にキリストがいると信じないなら…」でした。

​それはまた素晴らしいことであり、すぐに始まった彼の生まれ変わったことの予告でもある。

​私がいつも興味をそそられるもう一つの行は:

​私は夜明けにマルセルとセント・ジョンと一緒に街を出た
​強い者は疑いによって軽視される

​いい線いってるね。​でもマルセルとセント・ジョンは地獄にいる。​これを研究するとカトリック教会で非常に重要な聖ヨハネ修道院と呼ばれる教会がミネアポリスの外のディラン氏の農場からそれほど遠くないところにあるようである。​それはマルセル・ブロイアーによって設計されました…それが私が今まで得たすべてです…誰か他のアイデアを持っていますか?

タイトルとURLをコピーしました