Sir Duke 和訳/歌詞 – スティーヴィー・ワンダー (Stevie Wonder)

Stevie Wonder

サー・デューク

 

Music is a world within itself

音楽はそれ自体がひとつの世界だ

 

With a language we all understand

ぼくらの誰もが理解できる言語で

 

With an equal opportunity

機会均等に

 

For all to sing, dance and clap their hands

誰もが歌い踊り、そして手を叩いて

 

But just because a record has a groove

だけどレコードに溝があるからって

 

Don’t make it in the groove

溝にはまっちゃだめさ

*groove…レコードの溝、音楽のビート、または習慣、しきたり、型にはまったやり方など

 

But you can tell right away at letter A

でも歌い出しですぐにわかる

 

When the people start to move

人々が体をゆすり出す時が

 

They can feel it all over

あちこちで感じるよ

 

They can feel it all over people

そこらじゅうで人々が感じるんだ

 

They can feel it all over

いたるところで感じられるよ

 

They can feel it all over people

あらゆるところで人々が感じるんだ

 

Music knows it is and always will

音楽はそれを知っている

いつだってそうなんだ

 

Be one of the things that life just won’t quit

それこそが命がただ断つことのないもの

 

But here are some of music’s pioneers

まさにここに音楽の先駆者たちが

 

That time will not allow us to forget

それは時がぼくらに忘れさせることを許さない人々

 

For there’s Basie, Miller, Satchmo

ベイシーやミラーやサッチモ

 

And the king of all Sir Duke

そして王様、サー・デューク

 

And with a voice like Ella’s ringing out

エラの鳴り響くような声と

 

There’s no way the band can lose

失われるなんてありえない

 

You can feel it all over

そこらじゅうで感じるよ

 

You can feel it all over people

あちこちで人が感じるんだ

 

You can feel it all over

いたるところで感じるよ

 

You can feel it all over people

一帯で人々が感じられるんだ

 

You can feel it all over

そこらじゅうで感じるよ

 

You can feel it all over people

そこらじゅうで人々が感じるんだ

 

You can feel it all over

君は身体中で感じられるよ

 

You can feel it all over people

あらゆる人が感じられるんだ

 

You can feel it all over

完全に感じられるよ

 

You can feel it all over people

人々があらゆる点から感じられるのさ

 

You can feel it all over

君はくまなく感じるよ

 

You can feel it all over people

人々が全体にわたり感じられるんだ

 

You can feel it all over

君は全身で感じるよ

 

You can feel it all over people

そこらじゅうの人が感じられるんだ

 

You can feel it all over

君はいたるところで感じるよ

 

I can feel it all, all, all-all-all over people

ぼくは感じるよ

そこらじゅうの人々を

 

Can’t you feel it all over?

いたるところでそれを感じるかい?

 

Come on, let’s feel it all over people

きてよ、さあ感じよう

そこらじゅうの人々

 

You can feel it all over

君はいたるところで感じられるよ

 

Everybody, all over people

誰もが

そこらじゅうの人々が

 

 

この曲は、1974年に亡くなった伝説的ジャズマンであるデューク・エリントンへのトリビュート曲である[5]。また、歌詞にはカウント・ベイシー、グレン・ミラー、ルイ・アームストロング、エラ・フィッツジェラルドといったジャズマン達が登場する。

 

エドワード・ケネディ・デューク・エリントン(Edward Kennedy “Duke” Ellington、1899年4月29日 – 1974年5月24日)は、アメリカのジャズの作曲家、編曲家、ピアノ奏者、オーケストラ・リーダー。

 

代表曲

A列車で行こう(1941)
キャラヴァン
スイングしなけりゃ意味ないね
イン・ア・センチメンタル・ムード
Cジャム・ブルース
サテン・ドール
ソフィスティケイテッド・レディ
極東組曲
女王組曲
ニューオリンズ組曲
昔は良かったね
ソリチュード
ムード・インディゴ[5]
ロッキン・イン・リズム
ザ・ムーチ
黒と茶の幻想
パーディド


About Author

タイトルとURLをコピーしました