Revolution 1 和訳/歌詞 – ビートルズ (The Beatles)

Beatles-The Beatles(White Album)

 3,738 total views

革命その1

 

You say you want a revolution

革命を望んでいると君はいう

 

Well, you know

ああ、もちろん

 

We all want to change the world

だれもが世界を変えたいんだ

 

You tell me that it’s evolution

それは進化だと君はいう

 

Well, you know

そうだね、わかるよ

 

We all want to change the world

誰もが世界を変えたいと望んでいるんだ

 

But when you talk about destruction

だけど君が破壊について話しているのなら

 

Don’t you know that you can count me out, in

おれを仲間に入れないで、入れて

 

Don’t you know it’s going to be alright

なんとかなるって

 

Alright, alright

なんとかなる

なんとかなる

 

You say you want a real solution

本当の答えが欲しいと君はいう

 

Well, you know

ああ、そうだね

 

We’d all love to see the plan

ぜひとも今後の進め方を教えてくれよ

 

You ask me for a contribution

寄付をしてくれと君はいう

 

Well, you know

ええと、いいか

 

We’re doing what we can

おれたちにできることならやろう

 

But if you want money for people with minds that hate

だけど頭の中がヘイトまみれのやつらの資金になるんなら

 

All I can tell you is brother you have to wait

おれがいえることはひとつだけだ

ちょっと待て

 

Don’t you know it’s going to be alright

なんとかなるって

 

Alright, alright

なんとかなる

なんとかなる

 

You say you’ll change the Constitution

構造改革だと君はいう

 

Well, you know

ああ、わかりきったことだけど

 

We all want to change your head

おれたちはみんなお前の頭を改革したいよ

 

You tell me it’s the institution

それは制度だと君はいう

 

Well, you know

ああ、もちろん

 

You better free your mind instead

それよりも心を解放したらどうだい

 

But if you carrying pictures of Chairman Mao

でも毛沢東の写真を持ち歩いてるようじゃ

 

You ain’t going to make it with me anyhow

おれと何かを成し遂げるなんて無理だな

いずれにせよだ

 

Don’t you know it’s going to be alright

なんとかなるよ

 

Alright, alright

なんとかなる

なんとかなるよ

 

Alright, alright…

なんとかなる

なんとかなるって

 

 

Words & Music: John Lennon
Lead Vocalist: John Lennon 

 

背景と構成
1968年初頭、テト攻勢の余波を受けたメディア報道により、大学生を中心にベトナム戦争に反対する抗議活動が活発化した[5]。 抗議活動はアメリカで最も盛んで、3月17日にはロンドンのグロブナー広場のアメリカ大使館に25,000人のデモ隊が行進し、警察と激しく衝突する事件も発生した[6]。 1968年3月のポーランドでの共産主義政権に対する抗議行動[8]や、1968年5月のフランスでのキャンパス暴動など、他の政治問題に関する大きな抗議行動も国際的なニュースとなった[9]。 [これらの学生や活動家にとって、社会から非進歩的な要素を排除する文化革命という毛沢東の思想は、社会変革のモデルを提供した[11][12]。

カウンターカルチャーのリーダーとして、バンド、特にジョン・レノンはレーニン主義者、トロツキスト、毛沢東主義者のグループから革命的な大義を積極的に支持するように圧力を受けていた[14]。 [レノンは、ビートルズがインドのリシケシで超越瞑想を学んでいる間に、最近の社会的激変の波について曲を書くことを決めた[16]。彼は、「そろそろそれについて話す時期だと思った。ベトナム戦争について(1966年に)答えないことをやめる時期だと思ったのと同じように」と回想している。] レノンはそこで曲を書き始め、5月にイギリスで完成させたが[15]、特にフランスでの出来事に触発されていた[18][19]。

毛沢東が歌の中で言及されている。
レノンの反戦感情にもかかわらず、彼はまだ反体制になっておらず、「革命」の中で、体制打破を主張する人々の「計画を見たい」と表現した[20]。作家のマーク・ハーツガードの説明によれば、歌詞は社会変革を主張するが「政治行動は、思想的根拠よりも道徳的に判断すべき」ことを強調している[21]。 21] 繰り返される「大丈夫だ」というフレーズは、レノンのインドでの超越的瞑想体験から直接来たもので、政治的に何が起ころうとも神が人類の面倒を見るという考えを伝えている[22]。 [22] レノンに対するもう一つの影響は、前衛芸術家オノ・ヨーコとの急成長する関係と、毛沢東思想や左派が採用した他の強硬な哲学に代わるものとして彼女が性的政治を支持したことだった[23] レノンはオノが前年の受け身の考え方から彼を目覚めさせたと信じている[24]。

1968年5月の第4週頃、ビートルズはエッシャーにあるジョージ・ハリスンの自宅キンファウンズに集まり、次のスタジオ・アルバムのレコーディングに向けてお互いの作曲を披露し合った。ホワイト・アルバムのスーパー・デラックス・バージョンで公開されたその非公式セッションの録音によると、「レボリューション」は3節のうち2節はそのままだった[20]。毛沢東に言及した行-「でも毛主席の写真を持ち歩いていれば/誰ともうまくいかない」[25]はスタジオで付け加えられたものであった。同年末のプロモーション映像の撮影中、レノンは監督のマイケル・リンゼイ=ホッグに、この曲の中で最も重要な歌詞だと語っている。1972年になると、レノンは考えを改め、こう言った。「毛沢東については決して言うべきでなかった」[26]。

 

“レボリューション1”
ビートルズは5月30日に新作のレコーディング・セッションを開始し、まず “Revolution 1″(最初の数セッションは単に “Revolution “と題された)からスタートした。この最初のセッションで、彼らは基本的なリズム・トラックを集中的に録音した。テイク18は10分17秒と、それ以前のテイクよりもはるかに長く、次の2つのセッションで録音された追加のオーバーダブに選ばれたのはこのテイクだった[27]。 フルテイク18は2018年に、アルバム50周年と同時に『ビートルズ』のスーパーデラックス版として正式にリリースされた[28]。

レコーディングをテイク20にしたオーバーダブの間、レノンは床に寝そべりながらリード・ヴォーカルを披露するという異例の措置を取った。また、1行を「you can count me out, in」という曖昧な表現に変更した[29]。後に彼は、自分の気持ちが定まっていなかったので両方を含めたと説明している[30][31]。