Valleys of Neptune 和訳/歌詞 – ジミ・ヘンドリックス (Jimi Hendrix)

 

 

Valleys of Neptune / 海王星の谷

 

Lord, I feel the ocean swaying me

主よ、海がおれを揺り動かすのを感じる

 

Washing away all my pain

おれの痛みをすべて洗い流す

 

See where I used to be wounded

かつておれが傷ついていた所を見て

 

Remember the scar?

傷跡をおぼえている?

 

Now you can’t see a thing

今はなにもわからない

 

And I don’t feel no pain, no, no

そして痛みも感じない

 

Singing about the Valleys of Sunrise

日の出の谷について歌う

 

Green and blue canyons, too

緑と青色の峡谷のことも

 

Singing about Atlantis love songs

アトランティスの愛の歌を歌う

 

The Valleys of Neptune is rising, rising, rising

海王星の谷は隆起している

隆起している

隆起している

 

 

Mercury liquid, emerald’s shining

水星の液体

エメラルドの輝き

 

Now showing me where I came from, baby

さあ教えてくれ

おれはどこから来たのか

 

Honey sun, turquoise bed he lays in

甘美な太陽

ターコイズのベッドに横たわり

 

On the burning edge horizon

焼けるような地平線の境界を

 

I’m sailing on a bluebird’s mission

おれは航海している

青い鳥の任務で

 

Bubbles and curls and tiptoes in the foam

泡と渦とあぶくの中のつま先

 

See the wind make love to all the ocean

風がすべての海を抱くのを見て

 

Tidal waves spread, and the message got home

高潮が巻き起こり

そしてメッセージが届いた

 

And the message got home

そしてメッセージが届いた

 

Singing about the Valley of Sunsets

夕日の谷のことを歌って

 

Purple and gold… the Armies of the Lord

紫と金…主の軍隊

 

Before ancient Egypt, there were moon trips…

古代エジプト以前に

月旅行があった…

 

The Valleys of Neptune is arising

海王星の谷は隆起している

 

 

Look out east coast, but you’re going to have a neighbor

東海岸に気をつけろ

だけど君には隣人がいるだろう

 

A rebirth land, home of the praying hands​

再生の土地

祈り手の故郷

 

We know there were kinds, so much older

おれたちは知る

そこにはたくさんの種類の

とても年老いた

 

And they shall rise, and tell us much more the truth of man

そして彼らは起き上がり

おれたちに人間の真実の多くを告げる

 

I see visions of sleeping peaks erupting

ビジョンが見える

眠りの頂点が噴火している

 

Releasing all hell that will shake the Earth from end to end

あらゆる地獄を解き放つ

それは地球を端から端まで揺さぶるだろう

 

And this isn’t bad news, good news, or any news

そしてこれは悪い知らせでも良い知らせでも何でもなく

 

It’s just the truth, better save your souls while you can

ただの真実だ

やれるうちに君の魂を救済したほうがいい

 

Singing about the New Valleys

新しい峡谷のことを歌う

 

Of the Sunrise… Rainbow clean

日の出の…混じり気のない虹

 

The world is gonna be…

世界は…

 

Singing about getting ready for the new tide…

新たな潮流に備えて歌う

 

The Valleys of Neptune is arising

海王星の谷が生まれている

 

 

en.wikipedia.org

ヘンドリックスは、「海王星の谷」 「ジプシー・ブラッド」と題した楽曲制作を1969年2月に開始し、ロンドンのオリンピックサウンドスタジオにおいて、2月22日&26年、1969年にそれぞれギターとピアノのテイクで録音を行いました。[1] ヘンドリックスは、カリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリーロデオホテルに滞在していたときのアトランティスの神話的島の再発見についての「眠っている預言者 」エドガー・ケイシーの著作に触発されて、1969年6月7日に「海王星の谷…」というタイトルで歌の歌詞を書いた。[2] Bassist Noel Reddingは、1969年6月29日にコロラド州デンバーで開催されたショーの後、Jimi Hendrix Experienceを離れ、その後「海王星の谷」の形がより具体的になり始めました。

1969年9月6日、ニューヨーク市のヒットファクトリーで、ヘンドリックスさんはフルバンドでこの曲を録音した。[3] 数週間後の1969年9月23日、ニューヨークのレコードプラント・スタジオで、ベーシストのビリー・コックス、ドラマーのミッチ・ミッチェル、パーカッションのジュマ・サルタンに加えて、「海王星の谷」の初のマスターレコーディングが行われた。[4] 1週間後には、ベースにヘンドリックス、ギターとピアノにスティーヴン・スティルス、ギターにジョン・セバスチャン、ドラムにバディ・マイルズのフル・テイクが完成した。〔5〕

ベーシストのCoxと、Band of Gypsysのアルバムを録音したドラマーのBuddy MilesとHendrixは、1970年1月21日にRecord Plantでこの曲のラフテイクを録音した [6] が、最終的にこの曲は年内に完成させるためにMitchell/Coxのリズムセクションに残された。1970年5月15日のインストゥルメンタル・テイクで音楽のマスタートラック [7] を提供し、2010年のアルバムに収録されたトラックが完成した。さらなる記録は、1970年6月15日 (キーボーディストのスティーブ・ウィンウッド、フルート奏者のクリス・ウッド、ドラマーのデイブ・パーマー、無名のベーシストと)、 [8] 6月16日、 [8] 6月25日 (ジュマ・スルタンと共に)、 [9] および1970年6月26日 (15回)に行われた。[9] ヘンドリックスは1970年9月に亡くなったが、最終的には満足のいく「海王星の谷」を終えることができなかった。

en.wikipedia.org

Track 2は1969年9月23日、1970年5月15日に記録しました。

Mitch Mitchell–3以外のすべてのトラックのドラム

ビリー・コックス–ベース・ギター (トラック1、2、3)

ja.wikipedia.org

エドガー・ケイシー(Edgar Cayce, 1877年3月18日 – 1945年1月3日)は、予言者、心霊診断家。妻はガートルード・エヴァンズ。子供はヒュー・リン、ミルトン・ポーター、エドガー・エバンス。孫はチャールズ・トマス・ケイシー。彼の思想は神智学協会に始まる近代の神智学の影響が濃い[1]。ニューエイジの思想に大きな影響を与えた[2]。

ja.wikipedia.org

海王星(かいおうせい、英語: Neptune [ˈnɛptjuːn][12])は、太陽系の第8惑星で、太陽系の惑星の中では一番外側を公転している。直径は4番目、質量は3番目に大きく、地球の17倍の質量を持ち、太陽系のガス惑星としては最も密度が高い。海王星は組成が類似し直径がやや大きい天王星の質量(地球の15倍)よりもわずかに大きい[注 3]。164.8年かけて公転しており、太陽からは平均30.1 au(約45億 km)離れている。名称は、ローマ神話における海神ネプトゥーヌスに因んで命名され、惑星記号「♆」はネプトゥーヌスが持つ三叉槍を様式化したものである。

ja.wikipedia.org

アトランティス(古代ギリシア語: Ατλαντίς)は、古代ギリシアの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』[† 1]及び『クリティアス』[† 2]の中で記述した伝説上の広大な島、および、そこに繁栄したとされる帝国のことである。プラトンの時代の9000年前に海中に没したと記述されている[1]。

プラトンの対話篇『ティマイオス』および『クリティアス』では、次のように語られている。ジブラルタル海峡のすぐ外側、大西洋に巨大なアトランティス島があった。資源の宝庫で、そこにある帝国は豊かであり、強い軍事力を持ち、大西洋を中心に地中海西部を含んだ広大な領土を支配していた[2]。王家はポセイドンの末裔であったが[2]、人間と混じるにつれ堕落し、物質主義に走って領土の拡大を目指し、帝国は荒廃した[2]。アテナイは近隣諸国と連合し侵略者であるアトランティス帝国と戦い、辛くも勝利したが[2]、その直後アトランティス島は海中に沈み、滅亡したとされている。これは神々の罰であるという。

B!