Neighborhood Bully 和訳/歌詞 – ボブ・ディラン (Bob Dylan)

Infidels

 

 

Neighborhood Bully / 近所のならず者

 

Well, the neighborhood bully, he’s just one man

ああ、近所のならず者

彼はひとりぼっち

 

His enemies say he’s on their land

敵たちがいう

あいつは土地に侵入している

 

They got him outnumbered about a million to one

圧倒的な数で追い込まれて

およそ100万対1だ

 

He got no place to escape to, no place to run

彼に逃げ場はなく

駆け込む場もない

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

The neighborhood bully just lives to survive

近所のならず者はただ生きるためだけに生きる

 

He’s criticized and condemned for being alive

生きていると批判され

生きることで非難される

 

He’s not supposed to fight back, he’s supposed to have thick skin

やり返すべきじゃないよ

面の皮を厚くしておいたほうがいいよ

 

He’s supposed to lay down and die when his door is kicked in

ドアが蹴破られれば横たわり死ぬだろう

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

The neighborhood bully been driven out of every land

近所のならず者

あらゆる土地から追い出され

 

He’s wandered the earth an exiled man

亡命者として地上をさまよう

 

Seen his family scattered, his people hounded and torn

家族が散り散りになるのを目にし

彼の民は追い立てられ引き裂かれ

 

He’s always on trial for just being born

いつでもただ生まれただけで裁判にかけられる

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

Well, he knocked out a lynch mob, he was criticized

ああ、彼はリンチを行う群衆を打ち倒して批判された

 

Old women condemned him, said he should apologize.

年老いた女たちが彼を非難し

謝罪すべきだといった

 

Then he destroyed a bomb factory, nobody was glad

それから彼は爆弾工場を破壊した

誰も喜びはしなかった

 

The bombs were meant for him. He was supposed to feel bad

その爆弾は彼に向けられたものだった

彼は悔やまなければならなかった

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

Well, the chances are against it and the odds are slim

まあ、その可能性はないし見込みも薄い

 

That he’ll live by the rules that the world makes for him

彼は規則に従い生きるということ

彼のために作られた世界のルール

 

’Cause there’s a noose at his neck and a gun at his back

彼の首には縄がかかり

背後には銃があるから

 

And a license to kill him is given out to every maniac

そして彼を殺す許可証がすべての狂人に与えられている

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

He got no allies to really speak of

彼には本当に話のできる同盟者はおらず

 

What he gets he must pay for, he don’t get it out of love

得るものは支払わなければならず

愛からはそれは得られず

 

He buys obsolete weapons and he won’t be denied

彼は時代遅れの武器を買う

そして拒まれることはなく

 

But no one sends flesh and blood to fight by his side

しかし彼のそばで戦い血と肉を差し出すものは誰もいない

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

Well, he’s surrounded by pacifists who all want peace

ああ、彼は平和を求める平和主義者たちに囲まれている

 

They pray for it nightly that the bloodshed must cease

彼らは流血が止むように毎晩祈る

 

Now, they wouldn’t hurt a fly. To hurt one they would weep

さて、彼らはハエさえも傷つけず

一匹殺せば涙を流すんだろう

 

They lay and they wait for this bully to fall asleep

あいつらは横になってこのならず者が眠りにつくのを待つ

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

Every empire that’s enslaved him is gone

彼を奴隷にした帝国はすべて消えた

 

Egypt and Rome, even the great Babylon

エジプト、ローマ、偉大なるバビロンでさえ

 

He’s made a garden of paradise in the desert sand

彼は砂漠の砂に楽園の庭を作った

 

In bed with nobody, under no one’s command

誰もいないベッドで

誰の指図も受けずに

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

Now his holiest books have been trampled upon

今では彼の最も神聖な本は踏みつけられ

 

No contract he signed was worth what it was written on

彼が署名した契約に書かれていることは無価値

 

He took the crumbs of the world and he turned it into wealth

彼は世界のかけらを手に取り富に変えた

 

Took sickness and disease and he turned it into health

病気や疾患を患い

彼はそれを健康に変えた

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

What’s anybody indebted to him for?

いったい誰が彼に何の借りがある?

 

Nothin’, they say. He just likes to cause war

何でもないと彼らはいう

彼は戦争を引き起こすのが好きなだけ

 

Pride and prejudice and superstition indeed

プライドと偏見と迷信

確かに

 

They wait for this bully like a dog waits to feed

彼らはこのならず者を待つ

犬が餌を与えられるのを待つように

 

He’s the neighborhood bully

彼は近所のならず者

 

What has he done to wear so many scars?

一体どうして身体中をこんなに傷だらけにしたの?

 

Does he change the course of rivers? Does he pollute the moon and stars?

彼は川の流れを変えるのか?

彼は月と星を汚したのか?

 

Neighborhood bully, standing on the hill

近所のならず者

丘の上に立っている

 

Running out the clock, time standing still

時間稼ぎをしている

時間はじっとしている

 

Neighborhood bully

近所のならず者

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編

en.wikipedia.org

「ネイバーフッド・ブライ」という歌は、イスラエルの生存権を守るために皮肉を込めて歌ったものだ。この題名はイスラエルとユダヤ人が大衆紙で歴史的に扱われてきたことを嘆いている。六日間戦争とオペラ作戦、1981年6月7日のバグダッド近くのオシラク原子炉へのイスラエルの爆撃、イスラエル兵士によって爆撃された以前の爆弾製造現場のようなイスラエルの歴史における出来事が参照される。また,ローマ(テトスの凱旋門で記念され、ユダヤ人のタルムードで広範に祝われた [13]),エジプト(ユダヤ教の休日の過ぎ越しと、出エジプト記で記憶される),バビロン(ユダヤ教の祝日ティシャ・バブと哀悼の書で記念される)による奴隷化など,イスラエル人全体の歴史上の出来事にも言及した。ナチスやソビエトのような反ユダヤ主義グループによる聖典嘲笑、医学の進歩におけるユダヤ人の歴史的役割(「病気や病気を取り上げ、それらを健康に変えた」)など、現代のユダヤ人の非宗教的歴史における出来事もまた注目される。ユダヤ人の商業に対する歴史的な制限についても言及されている。[14] 1983年にディランは再びイスラエルを訪れたが、ヤルムルカとユダヤの門を構え、背の高い人たちを乗せたエルサレムの野外シナゴーグを撮影するなど、初めてイスラエルを訪れた。Dylanは1984年のRolling Stoneとのインタビューでこの曲についてコメントしている。[15] 2001年、エルサレム・ポストはこの歌を「ディランを愛するその地域の住民の間で人気がある」と表現した。[16] イスラエルの歌手アリエル・ジルバーは、2005年にヘブライ語に翻訳されたバージョンで「ネイバーフッド・ブライ」をカバーした。[17]

Contact Us

タイトルとURLをコピーしました