Love In Vain 和訳/歌詞 – ロバート・ジョンソン (Robert Johnson)

Robert Johnson

無駄な愛

 

And I followed her to the station

おれは彼女を追いかけて駅へ向かった

 

With a suitcase in my hand

スーツケースを手に持って

 

And I followed her to the station

それでおれは彼女を追いかけて駅に行った

 

With a suitcase in my hand

スーツケースを手に抱えて

 

Well, it’s hard to tell, it’s hard to tell

ああ、そういってしまうことは難しい

言いがたい

 

When all your love’s in vain

愛がすべて無駄に終わった時に

 

All my love’s in vain

おれの愛はすべて無駄だった

 

When the train rolled up to the station

列車が駅に入ってくると

 

I looked her in the eye

おれは彼女の目を見て

 

When the train rolled up to the station

列車が駅に入ってくると

 

And I looked her in the eye

おれは彼女の目を見た

 

Well, I was lonesome, I felt so lonesome

ああ、おれは寂しかった

酷い孤独を感じた

 

And I could not help but cry

そして泣かずにはいられなかった

 

All my love’s in vain

おれの愛は全て無駄だった

 

When the train, it left the station

列車が駅を出ていく時に

 

With two lights on behind

ふたつのライトを背にして

 

When the train, it left the station

列車が駅を出ていく時に

 

With two lights on behind

ふたつのライトを背にして

 

Well, the blue light was my blues

ああ、青いライトはおれの憂鬱だった

 

And the red light was my mind

そして赤いライトがおれの心だった

 

All my love’s in vain

おれの愛は全て無駄だった

 

Ou hou ou ou ou hoo, Willie Mae

ああ、ウィリー・メイ

 

Oh oh oh oh oh hey hoo, Willie Mae

ああ、ウィリー・メイ

 

Ou ou ou ou ou ou hee vee oh woe

All my love’s in vain

ああ、おれの愛は無駄だった

 

 

en.wikipedia.org

彼は出発する列車を喪失の象徴として使い、報われない愛を歌います。ジョンソンの演奏-彼の指のようなアコースティックギター演奏に合わせたボーカル-は、「ひどく殺風景な」と表現されてきた。彼は最後のレコーディングセッション中の1937年にこの曲をレコーディングし、1939年にオリジナルの78 rpmレコードの最後として発売された。

背景
1920年代後半、ジョンソンはラックマウント型のハーモニカと一緒にギターを弾き始めました。[3] 影響を受けた人物の一人、リロイ・カーは「長さ-ブルースの長さ」 (1928年) を早くからお気に入りに入れていた。[3] 後にジョンソンは、カーの「太陽が沈むとき」 (1935年) の旋律を「ラブ・イン・ヴァイン」の基礎として用いた。[4] どちらの歌も恋人を失ったことへの憧れと悲しみを表現している。ジョンソンはまた、シュリーブポート・ホーム・レッカーズの「フライング・クロー・ブルース」 (1932) の歌詞を(オスカー「バディ」ウッズとエド・シャファーのコンビ)の「ラブ・イン・ヴァイン」最後の一節に使った。[5] Sonny Boy Williamson IIは、「オール・マイ・ラブ・イン・ヴァイン」という似たようなタイトルの歌を録音したが、歌詞は異なっていた。〔6〕

作詞・作曲
AllMusicのThomas Ward氏はこの曲を「ジョンソンの才能のある芸術家からもたらされた非常に強力な」と表現している。[7] 彼は付け加える:

楽曲の冒頭の一節は、ジョンソンがこれまでに書いた中で最も素晴らしい数行―「そして、私は彼女を駅まで追いかけた/スーツケースを手に持って/そう、私は彼女を駅まで追いかけた/スーツケースを手に持って/さあ、言うのは難しいです/あなたの愛がすべて無駄になった時」―であり、全文引用する価値はある。ジョンソンのギターはこれほど繊細ではありませんでした。背景もこれほど繊細ではありませんでした。この曲の成功はアーティストの切望するヴォーカルから来ています。〔7〕

最後の詩の中で、ジョンソンは恋人のウィリー・メイに声をかける。8年後,初めて「ラブ・イン・ヴァイン」を聞いたとき,彼女は自分の名前を聞いて目に見えて感動した。〔8〕

コメント

タイトルとURLをコピーしました