訳詞サイト検索

Up to Me / おれの責任



The Bootleg Series Vol. 14: More Blood, More Tracks

f:id:bettychang:20200926151120j:plain

 

Everything went from bad to worse, money never changed a thing

すべては悪く、より悪くなり

金では何も変わらなかった

 

Death kept followin’, trackin’ us down, at least I heard your bluebird sing

死がおれたちにつきまとい追い詰めた

少なくともおれは君の青い鳥が歌うのを聞いた

 

Now somebody’s got to show their hand, time is an enemy

今や誰かが手の内を見せなければならない

時間が競争相手だ

 

I know you’re long gone, I guess it must be up to me

君がいなくなって久しいね

多分、おれのせいだろう

 

 

If I’d thought about it I never would’ve done it, I guess I would’ve let it slide

よく考えていればおれは決してそうはしなかっただろう

放っておけばよかったと思う

 

If I’d lived my life by what others were thinkin’, the heart inside me would’ve died

もしも他人の考えで自分の人生を生きていれば

おれの心は死んでいただろう

 

I was just too stubborn to ever be governed by enforced insanity

おれは少しばかり頑固だったので押し付けられる狂気に支配されることはなかった

 

Someone had to reach for the risin’ star, I guess it was up to me

だれかが昇りつつある星に手を伸ばすべきで

それはおれの責任だったと思う

 

 

Oh, the Union Central is pullin’ out and the orchids are in bloom

ああ、ユニオン・セントラルは引き上げて蘭が咲いている

*Union Central...1867年設立の生命保険会社(Union Central Life Insurance Company)がオハイオ州にあるがそれを指しているのか不明

 

I’ve only got me one good shirt left and it smells of stale perfume

おれにはシャツ一枚しか残されていなくて腐りかけた匂いがする

 

In fourteen months I’ve only smiled once and I didn’t do it consciously

14ヶ月で笑ったのは一度だけ

しかも自分では気がつかなかったよ

 

Somebody’s got to find your trail, I guess it must be up to me

誰かが君の痕跡を見つけなければ

多分、それはおれの責任だと思う

 

 

It was like a revelation when you betrayed me with your touch

それはまるで啓示だった

君がおれに触れておれを裏切った時に

 

I’d just about convinced myself that nothin’ had changed that much

ただ自分にいい聞かせていた

これほどまでに変わってしまったものはないなと

 

The old Rounder in the iron mask slipped me the master key

鉄の仮面をつけた老巡回人がおれにこっそりとマスターキーを手渡した

 

Somebody had to unlock your heart, he said it was up to me

誰かがあなたの心を解き放たねば

それは自分次第だと彼はいった

 

 

Well, I watched you slowly disappear down into the officers’ club

ああ、君がゆっくりと消えていくのを見ていた

将校クラブの中へと

*officer's club...軍隊の将校向けの娯楽施設などを指すようだがよくわからない

 

I would’ve followed you in the door but I didn’t have a ticket stub

ドアまでついていったとしてもおれはチケットの半券を持っていなかったし

 

So I waited all night ’til the break of day, hopin’ one of us could get free

だから夜が明けるまで一晩中待っていた

おれたちの誰かが解放されることを願って

 

When the dawn came over the river bridge, I knew it was up to me

夜明けが川の橋を渡ってやって来た時に

それはおれ次第だと知った

 

 

Oh, the only decent thing I did when I worked as a postal clerk

ああ、郵便局員として働いていた頃におれがやった唯一まともなことは

 

Was to haul your picture down off the wall near the cage where I used to work

勤務していた檻の近くの壁から君の写真を剥がすことだった

 

Was I a fool or not to try to protect your identity?

おれはバカだったのかな

君の身元を保護しようとして

 

You looked a little burned out, my friend, I thought it might be up to me

君は少し消耗してるように見えた

友よ、それはおれのせいかもしれないと思っていた

 

 

Well, I met somebody face to face and I had to remove my hat

ああ、誰かと対面で会って

おれは帽子を脱がなければならなかった

 

She’s everything I need and love but I can’t be swayed by that

彼女はおれが必要とし愛する全て

だが振り回されるわけにはいかない

 

It frightens me, the awful truth of how sweet life can be

驚かされたよ

人生がどんなに素晴らしいものかという恐ろしい事実に

 

But she ain’t a-gonna make me move, I guess it must be up to me

だけど彼女はおれを動かそうとしそうにない

それはきっと自分次第だろう

 

 

We heard the Sermon on the Mount and I knew it was too complex

おれたちは山上の垂訓を聞いて

あまりにやっかいな話だと知った

 

It didn’t amount to anything more than what the broken glass reflects

それは割れたガラスは反射するという以上の何でもなかった

 

When you bite off more than you can chew you pay the penalty

かみ砕けないほどに食いちぎれば罰を受けるものだ

 

Somebody’s got to tell the tale, I guess it must be up to me

誰かがその話をしなければ

それはおれの責任だと思う

 

 

Well, Dupree came in pimpin’ tonight to the Thunderbird Café

さあ、今夜デュプリーがキメてサンダーバード・カフェにやってきた

 

Crystal wanted to talk to him, I had to look the other way

クリスタルが彼と話したがり

おれは別の方を向いてないといけなかった

 

Well, I just can’t rest without you, love, I need your company

ああ、おれはただおまえなしじゃ休めないよ

おまえに一緒にいてほしいんだ

 

But you ain’t a-gonna cross the line, I guess it must be up to me

だけどおまえは一線を超える気はない

それはおれ次第だろう

 

 

There’s a note left in the bottle, you can give it to Estelle

瓶の中にメモが残されている

エステルにあげていいよ

 

She’s the one you been wond’rin’ about, but there’s really nothin’ much to tell

彼女は君があれこれ想っているその人で

だけど話すことなんて全然ない

 

We both heard voices for a while, now the rest is history

おれたち二人はしばらく声を聞いていた

さて、あとは言うまでもない

 

Somebody’s got to cry some tears, I guess it must be up to me

誰かがいくらか涙をこぼさなければ

多分おれの責任だと思う

 

 

So go on, boys, and play your hands, life is a pantomime

さあみんな、手を動かしてごらん

人生はパントマイム

 

The ringleaders from the county seat say you don’t have all that much time

郡都の首謀者たちがいう

あなたにはあまり時間がない

 

And the girl with me behind the shades, she ain’t my property

そして木陰に一緒にいる女はおれのものじゃない

 

One of us has got to hit the road, I guess it must be up to me

おれたちの誰かが出かけなければ

たぶんおれが決めるべきだろう

 

 

And if we never meet again, baby, remember me

もし再び会えないのなら、おれを覚えていて

 

How my lone guitar played sweet for you that old-time melody

おれのひとりぼっちのギターがどれだけ優しく昔のメロディーを奏でたのかを

 

And the harmonica around my neck, I blew it for you, free

そして首元のハーモニカを

君のためにただで吹いたよ

 

No one else could play that tune, you know it was up to me

他の誰もあの曲をプレイできやしない

それはおれ次第だった

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編 



Copyright ©2018 NagaoAkira