Taxman / 税務官



Revolver

f:id:bettychang:20190709013206j:plain

 

Let me tell you how it will be,

どういった仕組みか教えましょう

 

There's one for you, nineteen for me,

あなたが1です

私は19です

 

Cause I'm the Taxman,

なぜなら私は税務官

 

Yeah, I'm the Taxman.

そう、私は税務官なんです

 

Should five per cent appear too small,

5%では不満ですか

 

Be thankful I don't take it all,

感謝していただきたい

全部はとりませんよ

 

Cause I'm the Taxman,

なぜなら私は税務官

 

Yeah, I'm the Taxman.

そう、税務官なのです

 

If you drive a car, I'll tax the street,

車を運転するのなら

道路に税を課しましょう

 

If you try to sit, I'll tax your seat,

座ろうとすれば

あなたのイスに税を課しましょう

 

If you get too cold, I'll tax the heat,

寒くなってきましたか?

暖房に税を課しましょう

 

If you take a walk, I'll tax your feet.

散歩に行くのなら

足に税を課しましょう

 

Taxman.

税務官です

 

 

Cause I'm the Taxman,

私が税務官だからです

 

Yeah, I'm the Taxman.

そう、私は税務官

 

Don't ask me what I want it for

なんのためにと聞いてはなりません

 

(Ha ha, Mister Wilson)

(はは、ウィルソン氏)

 

If you don't want to pay some more

それ以上払いたくないのなら

 

(Ha ha, Mister Heath),

(はは、ヒース氏)

 

Cause I'm the Taxman,

なぜなら私は税務官

 

Yeah, I'm the Taxman.

そう、税務官なんですよ

 

Now my advice for those who die,

さて、死にゆく人々へアドバイスを

 

Declare the pennies on your eyes,

目の上にのせられたコインは申告してください

 

Cause I'm the Taxman,

なぜなら私は税務官

 

Yeah, I'm the Taxman.

そう、税務官です

 

And you're working for no-one but me,

そしてあなたは他でもない私のために働いているのです

 

Taxman.

税務官ですよ

 

 

Words & Music: George Harrison
Lead Vocalist: George Harrison 

 

ja.wikipedia.org

ジョージ・ハリスンが作詞作曲した楽曲で、作曲にあたってはジョン・レノンが協力している。ウィルソン政権が、充実した社会保障の維持を目的に税率95パーセントという高い税金を富裕層に課していたことに対する抗議として書かれた楽曲で、本作はビートルズ初の政治的声明となった楽曲である。

 

 

hrecords.jp


 

 



Copyright ©2018 NagaoAkira