Talkin’ Bear Mountain Picnic Massacre Blues / ベア・マウンテン・ピクニックの虐殺を語るブルース



The Bootleg Series Volumes 1–3 (Rare & Unreleased) 1961–1991

f:id:bettychang:20200823160215j:plain

 

I saw it advertised one day

ある日のこと、私はとある広告を見ました

 

Bear Mountain picnic was comin’ my way

ベア・マウンテン・ピクニックへ出かけようという

 

“Come along ’n’ take a trip

「一緒に旅へ出かけよう。

 

We’ll bring you up there on a ship

船でそこへお連れします。

 

Bring the wife and kids

奥さんも子供さんも連れて、

 

Bring the whole family”

家族ご一緒に。」

 

Yippee!

わーい!

 

 

Well, I run right down ’n’ bought a ticket

それで私はすぐにチケットを買いに行きました

 

To this Bear Mountain Picnic

ベア・マウンテン・ピクニックの

 

But little did I realize

しかし私は気づいていなかったのです

 

I was in for a picnic surprise

サプライズ・ピクニックに直面するなんて

 

Had nothin’ to do with mountains

山とは無縁でした

 

I didn’t even come close to a bear

クマに接近することもありませんでした

 

 

Took the wife ’n’ kids down to the pier

妻と子供たちを桟橋へ連れて行くと

 

Six thousand people there

そこには6,000もの人がいて

 

Everybody had a ticket for the trip

皆が旅のチケットを持っていました

 

“Oh well,” I said, “it’s a pretty big ship

「おやおや」私はいった

「大きい船なんだろう。

 

Besides, anyway, the more the merrier”

 ともかく、大勢のほうが楽しいよね。」

 

 

Well, we all got on ’n’ what d’ya think

それでまあ、私たちはみんな乗り込んで

みな何を考えていたのか

 

That big old boat started t’ sink

その巨大な古いボートは沈みだし

 

More people kept a-pilin’ on

次から人は乗り込み

 

That old ship was a-slowly goin’ down

その古い船はゆっくりと沈没していきます

 

Funny way t’ start a picnic

奇妙な始まりのピクニックです

 

 

Well, I soon lost track of m’ kids ’n’ wife

ああ、私はまもなく子供たちも妻をも見失い

 

So many people there I never saw in m’ life

たくさんの人々がそこで

私は妻を見つけることが出来ず

 

That old ship sinkin’ down in the water

古い船は水に沈んでいき

 

Six thousand people tryin’ t’ kill each other

6000の人々が互いで殺しあい

 

Dogs a-barkin’, cats a-meowin’

犬が吠えて、猫がないて

 

Women screamin’, fists a-flyin’, babies cryin’

女たちはわめき、こぶしは飛び交い

赤ん坊は泣き叫び

 

Cops a-comin’, me a-runnin’

警官がやってきて

私は走り

 

Maybe we just better call off the picnic

多分そうだと思います

ピクニックは中止したほうが良いんでしょう

 

 

I got shoved down ’n’ pushed around

私は押されて回されて

 

All I could hear there was a screamin’ sound

聞こえたのは悲鳴だけ

 

Don’t remember one thing more

他にはなにも記憶がなく

 

Just remember wakin’ up on a little shore

小さな岸で目を覚ましたことだけ

 

Head busted, stomach cracked

頭が回らず、胃はひび割れ

 

Feet splintered, I was bald, naked . . .

足は折れて、私はハゲて、素っ裸で...

 

Quite lucky to be alive though

とはいえ生きていただけで幸運でした

 

 

Feelin’ like I climbed outa m’ casket

棺おけからはい出たような気持ちで

 

I grabbed back hold of m’ picnic basket

私はピクニック・バスケットを掴み

 

Took the wife ’n’ kids ’n’ started home

妻と子を連れ家へ向かう

 

Wishin’ I’d never got up that morn

この朝が二度と訪れませんようにと願って

 

Now, I don’t care just what you do

さて、あなたが何をしようとどうでもいいが

 

If you wanta have a picnic, that’s up t’ you

もしもピクニックに行きたいのなら

あなたの勝手ですが

 

But don’t tell me about it, I don’t wanta hear it

しかし話題にするのはやめてほしい

私は聞きたくない

 

’Cause, see, I just lost all m’ picnic spirit

だって、ほら、

私のピクニック気分はただ損なわれてしまった

 

Stay in m’ kitchen, have m’ own picnic . . .

私の台所にいる

私の独自のピクニックを...

 

In the bathroom

風呂場で

 

 

Now, it don’t seem to me quite so funny

ところで、笑い事ではない

 

What some people are gonna do f’r money

金のためなら人は何をするだろう

 

There’s a bran’ new gimmick every day

日々、目新しい仕掛けが生まれ

 

Just t’ take somebody’s money away

誰かの金を奪い去る

 

I think we oughta take some o’ these people

その人々の何人かでも連れて行くべきだよ

 

And put ’em on a boat, send ’em up to Bear Mountain . . .

そして彼らをボートに乗せて

ベア・マウンテンへ...

 

For a picnic

ピクニックに

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編 



Copyright ©2018 NagaoAkira