Open the Door, Homer / ドアを開けろよ、ホーマー



The Basement Tapes

f:id:bettychang:20200918053227j:plain

 

 

Now, there’s a certain thing

さて、ここに確かなことがひとつ


That I learned from Jim

おれがジムから学んだこと


That he’d always make sure I’d understand

理解したかといつも彼にいわれていたことだ


And that is that there’s a certain way

それは確実な方法というのはあるってことだ


We all must swim

おれたち皆が水中を進むには


If we expect to live off of the fat of the land

もしおれたちが贅沢に楽をして暮らすことを期待するなら


Open the door, Richard

ドアを開けろよ、リチャード


I’ve heard it said before

それは前に聞いた


Open the door, Richard

ドアを開けろよ、リチャード


I’ve heard it said before

それはもう前に聞いた


But I ain’t gonna hear it said no more

だけどおれはもうたくさんだってのを聞いてるつもりはないよ

 


Now, there’s a certain thing

ところで、確かなことがある


That I learned from my friend, Mouse

おれの友達のネズミから聞いたこと


That fella who never blushes

顔を赤らめたりなんて絶対にしないやつ


And that is that one must always

つまり人はいつでもせざるを得ない


Flush out his house

住まいを洗い流すこと


If he don't expect to be housing flushes

もし景気良く暮らすつもりじゃなければ


Open the door, Richard

ドアを開けろよ、リチャード


I’ve heard it said before

それは前に聞いた


Open the door, Richard

ドアを開けろよ、リチャード


I’ve heard it said before

それは前に聞いた


And I ain’t gonna hear it said no more

だけどおれはもうたくさんだってのを聞いてるつもりはないよ

 

“Take care of all of your memories”

「思い出の全てを大切にしろよ」


Said Nick

ニックがいった


“For you cannot relive them

「二度体験することはないからな」


And remember when you’re out there

「そして外に出たら忘れるな」


Trying to heal the sick

「病人を治すためには」


That you must always first forgive them”

「最初にまず彼らを許すことだ」


Open the door, Richard

ドアを開けろよ、リチャード


I’ve heard it said before

それは前に聞いたよ


Open the door, Richard

ドアを開けろよ、リチャード


I’ve heard it said before

それは前に聞いた


And I ain’t gonna hear it said no more

だけどおれはもううんざりだってのを聞いているつもりはないよ

 

 

Homerが出てこない問題

調べてみると、どうも元々は1947年のサックス奏者ジャック・マクヴィーの「Open the Door, Richard!」というヒット曲があり、おそらくそれにインスパイアーされて作ったものが「Open the Door, Homer」だと思われる。

しかし、実際曲中にはHomer(ホーマー、ホメロス)は登場せず、Richardと歌っている。元々歌詞はそのままRichardだったのが単純にカバー曲と誤解されると困るからか、そういったリリース上の都合によりタイトルだけ後から変えたのか、そのあたりはよくわからない。

 

en.wikipedia.org

ホメロスは、ディランの友人で、小説家であり音楽家でもある故リチャード・ファリーニャの愛称「明らかに」だったそうだ。ファリーニャさんは1966年4月30日、デビュー小説 「Been Down So Long It Looks Looking Up to Me」 の発表会の帰りにバイク事故で亡くなった。[56] ダンコは、ディランがタイトルをリチャードからホーマーに変えたのは、リチャードがすでにそこにいたからだと思っていた-リチャード・マニュエルの姿で。

 

つまり、ホーマーはリチャード・ファリーニャというフォークシンガー兼作家のことらしい。

その人は1966年に亡くなっているが、つまりリチャードでもファリーニャ(ホーマー)に向けて書いた曲だという意味を込めてタイトルを変えたということか。

リチャード・マニュエルはまた別のリチャードで、The Bandのメンバーでありこの曲でもオルガンを弾いている人で、よくわからないが英語WikiのAI翻訳から想像するに彼に乗り移ったリチャード・ファリーニャと一緒に歌ったんだよ、といった話なのかな。

 

 



Copyright ©2018 NagaoAkira