My Life in a Stolen Moment / 我を忘れる時間の中の私の生活



Duluth’s an iron ore shipping town in Minnesota

It’s built up on a rocky cliff that runs into Lake Superior

I was born there — my father was born there —

ミネソタ州ダルースの鉄鉱石輸送の町

スペリオル湖に流れ込む岩だらけの崖の上に建てられている

私はそこで生まれ父もそこで生まれた

 

My mother’s from the Iron Range Country up north

The Iron Range is a long line a mining towns

that begin at Grand Rapids and end at Eveleth

北アイアン・レンジ・カントリー出身の母は

鉄の山脈は長い線で鉱山の町は

グランドラピッズから始まりエヴェレスで終わる

 

We moved up there to live with my mother’s folks

in Hibbing when I was young —

私たちは母の両親と一緒に住むためにそこに引っ越した

私がまだ小さい頃のヒビング

 

Hibbing’s got the biggest open pit ore mine in the world

Hibbing’s got schools, churches, grocery stores an’ a jail

It’s got high school football games an’ a movie house

Hibbing’s got souped-up cars runnin’ full blast

on a Friday night

ヒビングは世界最大の露天掘り鉱山があり

ヒビングには学校、教会、食料品店、そして刑務所があり

高校サッカーの試合があり映画館があり

フル回転で高性能車が走る

金曜の夜には

 

Hibbing’s got corner bars with polka bands

You can stand at one end of Hibbing’s main drag

an’ see clear past the city limits on the other end

Hibbing’s a good ol’ town

ヒビングではポルカバンドのいるバーがあり

ヒビングのメインストリートの端に立てば

向こう側の都市の境界が見渡せた

ヒビングは古き良き街だ

 

I ran away from it when I was 10, 12, 13, 15, 151/2, 17 an’ 18

I been caught an’ brought back all but once

10歳、12歳、13歳、15歳、15と1/2歳、17歳、18歳のときに逃げ出した

一度を除いては連れ戻された

 

I wrote my first song to my mother an’ titled it “To Mother”

I wrote that in 5th grade an’ the teacher gave me a B+

I started smoking at 11 years old an’ only stopped once

to catch my breath

私は最初の曲を母親に「母へ」というタイトルで書いた

私は5年生で先生がB+をくれた

11歳でタバコを吸い始めて一度だけやめた

呼吸を正常に戻すために

 

I don’t remember my parents singing too much

At least I don’t remember swapping any songs with them

Later I sat in college at the University of Minnesota

on a phony scholarship that I never had

I sat in science class an’ flunked out for refusin’ to watch

a rabbit die

両親が歌う記憶はない

少なくとも、彼らと歌を歌った記憶はない

その後私はミネソタ大学に入った

手にしたことのない額の奨学金で

科学の授業を受けていたが授業を拒否して落第した

ウサギの死体の授業だ

 

I got expelled from English class for using four-letter words

in a paper describing the English teacher

I also failed out of communication class for callin’ up

every day and sayin’ I couldn’t come

I did OK in Spanish though but I knew it beforehand

英語の授業で私は論文の中で汚い言葉を使って退学になった

コミュニケーション・クラスも落ちた

毎日、欠席しますと電話でいった

スペイン語は大丈夫だと事前に知っていた

 

I’s kept around for kicks at a fraternity house

They let me live there an’ I did until they wanted me to join

I moved in with two girls from South Dakota

in a two-room apartment for two nights

私は友愛会をあちこち探し回り

彼らは私をそこに住まわせた。彼らが会員になれというまでは私はそこにいた

サウスダコタから2人の女の子と引っ越してきた

2部屋のアパートに2泊して

 

I crossed the bridge to 14th Street an’ moved in above

a bookstore that also sold bad hamburgers

basketball sweatshirts an’ bulldog statues

I fell hard for an actress girl who kneed me in the guts

私は橋を渡って14番街の上に引っ越してきた

まずいハンバーガーも売っていた本屋

バスケットボールのトレーナーとブルドッグの像も売っていた

私は女優の女の子に夢中になったが彼女は私をドブに跪かせた

 

an’ I ended up on the East Side a the Mississippi River

with about ten friends in a condemned house underneath

the Washington Avenue Bridge just south a Seven Corners

That’s pretty well my college life

私はミシシッピ川の東側にたどり着いた

その下の死刑囚監房にはおよそ10人の友人がいて

7コーナーズの南のワシントンアベニュー橋の下

それは私の大学生活の中ではかなり良い時だった

 

After that I thumbed my way to Galveston, Texas in four days

tryin’ to find an ol’ friend whose ma met me

at the screen door and said he’s in the Army —

By the time the kitchen door closed

その後4日かけてテキサス州ガルベストンへ行った

昔の友達に会いにいったが母親が網戸越しに

彼は陸軍にいるといった

台所のドアが閉まらないうちに

 

I was passin’ California — almost to Oregon —

I met a waitress in the woods who picked me up

an’ dropped me off in Washington someplace

私はカリフォルニアを通り過ぎて——もうすぐオレゴン州だ

森の中でウェイトレスに出会い、相乗りさせてくれて

ワシントン州のどこかで降ろしてくれた

 

I danced my way from the Indian festivals in Gallup, New Mexico

To the Mardi Gras in New Orleans, Louisiana

With my thumb out, my eyes asleep, my hat turned up

an’ my head turned on

I’s driftin’ an’ learnin’ new lessons

ニューメキシコ州ギャラップのインディアンフェスティバルで踊り

ルイジアナ州ニューオーリンズのマルディグラへ

親指を外に出して目が眠れば帽子が上を向いて

首をかしげた

私は放浪し新しいことを学んだ

 

I was making my own depression

I rode freight trains for kicks

An’ got beat up for laughs

Cut grass for quarters

An’ sang for dimes

Hitchhiked on 61 — 51 — 75 — 169 — 37 — 66 — 22

Gopher Road — Route 40 an’ Howard Johnson Turnpike

私は自ら鬱になって

おもしろいから貨物列車に乗った

笑われて殴られた

草刈りをして

10セントで歌を歌い

61号線、51号線、75号線、169号線、37号線、66号線、22号線をヒッチハイクした

ゴーファーロード:国道40号線、ハワード・ジョンソン・ターンパイク

 

Got jailed for suspicion of armed robbery

Got held for four hours on a murder rap

Got busted for looking like I do

An’ I never done none a them things

Somewheres back I took time to start plain’ the guitar

Somewheres back I took the time to start singin’

武装強盗容疑で投獄された

殺人容疑で4時間拘留された

身なりのせいで逮捕された

私は何もしていない

しばらく前に時間を作ってギターを弾き始めて

いつのまにか時間をかけて歌い始めた

私は時間をかけてそのようなことをした

 

Somewheres back I took the time to start writin’

But I never did take the time to find out why

I took the time to do those things — when they ask

Me why an’ where I got started, I gotta shake my head

an’ weave my eyes an’ walk away dumfounded

From Shreveport I landed in Madison, Wisconsin

From Madison we filled up a four-door Pontiac with five people

An’ shot straight south an’ sharp to the East an’

in 24 hours was still hanging on through the Hudson Tunnel —

どうして始めたのか、首を横に振り

目をそらし立ち去った

シュリーブポートからウィスコンシン州マディソンに到着した

マディソンから、私たちは5人で4ドアのポンティアックに乗り込み

南へまっすぐ走り東部へ一直線に進み

24時間後にはハドソントンネルを抜けていた

 

Gettin’ out in a snowstorm an’ wavin’ goodbye

to the three others, we swept on to MacDougal Street

with five dollars between us — but we weren’t poor

I had my guitar an’ harmonica to play

雪の中に飛び出してお別れの手を振りながら

私たちはマクドゥーガル通りを進んで行った

5ドル持っていた

私はギターとハーモニカを持っていた

 

An’ he had his brother’s clothes to pawn

In a week, he went back to Madison while I stayed behind an’

Walked a winter’s line from the Lower East Side

to Gerde’s Folk City

In May, I thumbed west an’ took the wrong highway to Florida

Mad as hell an’ tired as well, I scrambled my way back to

South Dakota by keepin’ a truck driver up all day an’ singin’

One night in Cincinnati

彼は弟の服を質に入れて

1週間後、マディソンに戻ってきた

私はロワー・イーストサイドから冬の道を歩いた

ゲルデのフォークシティーまで

5月に私は西を目指したが高速道路を間違えてフロリダへ

気も狂わんばかりに疲れた私は急いで戻ってきた

サウスダコタ州でトラックの運転手を一日中待機させて歌いながら

シンシナティでのある夜

 

I looked up a long time friend in Sioux Falls an’ was let down,

worried blind, and hit hard by seein’ how little we had to say

I rolled back to Kansas, Iowa, Minnesota, lookin’ up

ol’ time pals an’ first-run gals an’ I was beginnin’

to find out that my road an’ their road

is two different kinds a roads

スー・フォールズで昔からの友人が気になり探した

けれど話すことも特になくてがっかりした

私はカンザス、アイオワ、ミネソタに戻り

古い友達や初恋の人を探して

私の道と彼らの道は

2つの異なる種類の道だと分かりはじめた

 

I found myself back in New York City in the middle part

a summer staying on 28th Street with kind, honest

hard-working people who were good to me

I got wrote up in the Times after playin’ in the fall

at Gerde’s Folk City

I got recorded at Columbia after being wrote up in the Times

An’ I still can’t find the time to go back an’ see why an’ where

I started doing what I’m doing

気づけば私は夏の中頃にはニューヨークの真ん中にいて

良くしてくれる勤勉で親切で正直な人々と28番街に住み着いた

秋にプレイした後でタイムズに載った

ゲルデのフォークシティーのことだ

タイムズに書かれた後にコロンビアでレコーディングをした

そして私はまだ戻る時間を見つけることができない

今やっていることをどこでなぜ始めたのかを

 

I can’t tell you the influences ’cause there’s too many

to mention an’ I might leave one out

An’ that wouldn’t be fair

Woody Guthrie, sure

Big Joe Williams, yeah

影響が多すぎるため説明できない

いいだせば誰かを抜かしてしまうかもしれない

それは公平じゃないから

ウディ・ガスリー、そうだ

ビッグ・ジョー・ウィリアムズ、ああ

 

It’s easy to remember those names

But what about the faces you can’t find again

What about the curbs an’ corners an’ cut-offs

that drop out a sight an’ fall behind

What about the records you hear but one time

そういう名前は覚えやすい

しかし、二度とみない顔はどうだろう

カーブやコーナーやカットオフで脱落して視界の背後に消えていった人々は

一度しか聞いたことのない録音はどうだろう

 

What about the coyote’s call an’ the bulldog’s bark

What about the tomcat’s meow an’ milk cow’s moo

An’ the train whistle’s moan

Open up yer eyes an’ ears an’ yer influenced

an’ there’s nothing you can do about it 

コヨーテの遠吠えやブルドッグの吠え声はどうだろう

猫のニャーンや牛のモーはどうだろう

列車の汽笛のうめき声は

目を開け耳を開き影響を受ける

それは自分ではどうしようもない

 

Hibbing’s a good ol’ town

I ran away from it when I was 10, 12, 13, 15, 151/2, 17 an’ 18

I been caught an’ brought back all but once.

ヒビングは古き良き街だ

10歳、12歳、13歳、15歳、15と1/2歳、17歳、18歳のときに逃げ出した

一度を除いては連れ戻された

 

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編



Copyright ©2018 NagaoAkira