Motorpsycho Nightmare / 運動精神性の悪夢



Another Side of Bob Dylan

f:id:bettychang:20200901092553j:plain

 

I pounded on a farmhouse

おれはある農家をドンドンと叩いた

 

Lookin’ for a place to stay

泊まる所を探している

 

I was mighty, mighty tired

ひどく、ひどく疲れていた

 

I had come a long, long way

長い、長い道のりだった

 

I said, “Hey, hey, in there

おれはいった

「あの、あの、誰か」

 

Is there anybody home?”

「誰かいませんか?」

 

I was standin’ on the steps

おれは段の上に立っていた

 

Feelin’ most alone

ものすごく寂しかった

 

Well, out comes a farmer

それで、農夫が出てきた

 

He must have thought that I was nuts

おれを頭のおかしいやつだと思ったんだろう

 

He immediately looked at me

彼はおれを見るなり

 

And stuck a gun into my guts

おれの腹に銃を突きつけた

 

I fell down to my bended knees

おれはひざまついて

 

Saying, “I dig farmers

いった

「おれは農民の味方です。」

 

Don’t shoot me, please!”

「どうか撃たないで!」

 

He cocked his rifle

彼はライフルの撃鉄を引いて

 

And began to shout

そして叫びだした

 

“You’re that travelin’ salesman

「てめえ、例のセールスマンだな」

 

That I have heard about”

「おまえのことは聞いてるぜ」

 

I said, “No! No! No!

おれはいった

「違います、違います、違います」

 

I’m a doctor and it’s true

「おれは医者なんです。本当です。」

 

I’m a clean-cut kid

「まともな青年ですよ。」

 

And I been to college, too”

「大学にもいっていました。」 

 

Then in comes his daughter

すると彼の娘が出てきて

 

Whose name was Rita

彼女の名前はリタ

 

She looked like she stepped out of La Dolce Vita

彼女はまるで「甘い生活」から抜け出たみたいで

*La Dolce Vita...1960年公開のフェデリコ・フェリーニ監督のイタリア映画

 

I immediately tried to cool it

おれはすぐさま場を落ち着かせようと

 

With her dad

父親に

 

And told him what a nice, pretty farm he had

素晴らしい農場をお持ちですね、というと

 

He said, “What do doctors

彼はいった

「医者に何がわかる」

 

Know about farms, pray tell?”

「農場の何を知ってるってんだ。いってみろ?」

 

I said, “I was born at the bottom of a wishing well”

おれはいった

「おれは願いを叶える井戸の底で生まれたんです。」

 

Well, by the dirt ’neath my nails

それで、おれの爪の汚れで

 

I guess he knew I wouldn’t lie

たぶん嘘じゃないとわかったんだろう

 

“I guess you’re tired”

「おまえ、疲れてそうだな」

 

He said, kinda sly

彼は少し照れながらいった

 

I said, “Yes, ten thousand miles

おれはいった

「はい、1万マイル」

 

Today I drove”

「今日、おれは走って」

 

He said, “I got a bed for you

彼はいった

「ベッドを用意しよう」

 

Underneath the stove

「ストーブの下の」

 

Just one condition

「一つだけ条件がある」

 

And you go to sleep right now

「すぐに寝ることだ」

 

That you don’t touch my daughter

「娘に手を出すな」

 

And in the morning, milk the cow”

「それと朝には牛の乳を絞れ」

 

I was sleepin’ like a rat

おれはネズミみたいに眠っていた

 

When I heard something jerkin’

その時ガタガタと何か聞こえて

 

There stood Rita

そこにはリタが立っていた

 

Lookin’ just like Tony Perkins

トニー・パーキンスみたいに

 

She said, “Would you like to take a shower?

彼女はいった

「シャワー浴びる?」

 

I’ll show you up to the door”

「ドアの前まで案内するよ」

 

I said, “Oh, no! no!

おれはいった

「ああ、いいや!結構です!」

 

I’ve been through this before”

「こういうの、これまでもあったから」

 

I knew I had to split

おれは切り抜けなくてはとわかっていた

 

But I didn’t know how

だがどうやってか、わからなかった

 

When she said

彼女がいった時に

 

“Would you like to take that shower, now?”

「あなた、シャワー浴びない?」

 

Well, I couldn’t leave

さて、おれは立ち去れない

 

Unless the old man chased me out

あのオヤジがおれを追い出すまでは

 

’Cause I’d already promised

すでに約束してしまったから

 

That I’d milk his cows

彼の牛の乳搾りをすると

 

I had to say something to strike him very weird

なにかいって変人だと思わせなくては

 

So I yelled out

それでおれは大声で叫んだ

 

“I like Fidel Castro and his beard”

「フィデル・カストロと彼のヒゲが大好きなんです」

*Fidel Castro...キューバの革命家、政治家、社会主義者

 

Rita looked offended

リタは気分を害したようだった

 

But she got out of the way

しかし彼女は道をあけ

 

As he came charging down the stairs

彼が階段を駆け下りてくるや

 

Sayin’, “What’s that I heard you say?”

いった

「おまえ、なんていった?」

 

I said, “I like Fidel Castro

おれはいった

「フィデル・カストロのファンです」

 

I think you heard me right”

「聞こえたと思いますが」

 

And ducked as he swung at me with all his might

そして彼の力の限りのパンチをかわした

 

Rita mumbled something

リタは何かボソボソつぶやいた

 

’Bout her mother on the hill

丘の上の彼の母親について

 

As his fist hit the icebox

彼のこぶしが冷蔵庫にヒットすると

 

He said he’s going to kill me

彼はおれを殺してやるといった

 

If I don’t get out the door in two seconds flat

2秒きっかりでドアから出ていかなければ

 

“You unpatriotic

「非国民め」

 

Rotten doctor Commie rat”

「腐った医者で共産主義のネズミめ」

 

Well, he threw a Reader’s Digest

ああ、彼はリーダーズ・ダイジェストを放り投げた

 

At my head and I did run

おれの頭に

そしておれは走って

 

I did a somersault

前転した

 

As I seen him get his gun

彼が銃を取るのを見ると

 

And crashed through the window

そして窓をぶち破った

 

At a hundred miles an hour

時速100マイルで

 

And landed fully blast

そして大音響で着地した

 

In his garden flowers

彼の庭の花壇の上に

 

Rita said, “Come back!”

リタがいった

「戻ってきて!」

 

As he started to load

彼が装填し始めると

 

The sun was comin’ up

日が昇り出し

 

And I was runnin’ down the road

そしておれは道を駆け下りていった

 

Well, I don’t figure I’ll be back

というわけで、おれはもちろん戻らない

 

There for a spell

魔法にかかっても

 

Even though Rita moved away

リタは引っ越して

 

And got a job in a motel

そしてモーテルの仕事をみつけたが

 

He still waits for me

彼はいまだおれを待ち構えている

 

Constant, on the sly

絶えず、ひっそりと

 

He wants to turn me in to the F.B.I.

おれをFBIに突き出したがっている

 

Me, I romp and stomp

おれ

おれははしゃいで足をふみ鳴らし

 

Thankful as I romp

はしゃぎながら感謝する

 

Without freedom of speech

言論の自由がなければ

 

I might be in the swamp

おれは沼の中かもしれない

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編

hrecords.jp

 



Copyright ©2018 NagaoAkira