Lay Down Your Weary Tune / あなたのくたびれた調べを横たえて



Biograph

f:id:bettychang:20200821141306j:plain

 


Lay down your weary tune, lay down

あなたのくたびれた調べを横たえて

横たえて

 

Lay down the song you strum

爪弾く歌を横たえて

 

And rest yourself ’neath the strength of strings

そして弦の力の下でおやすみを

 

No voice can hope to hum

口ずさめる声はない

 

Struck by the sounds before the sun

日の出まえの響きに打たれ

 

I knew the night had gone

私は夜が去ったことを知り

 

The morning breeze like a bugle blew

ビューグルを吹くような朝の微風

 

Against the drums of dawn

夜明けの太鼓に背いて

 

Lay down your weary tune, lay down

あなたのくたびれた旋律を横たえて

横たえて

 

Lay down the song you strum

爪弾く歌を横たえて

 

And rest yourself ’neath the strength of strings

そして弦の力の下でおやすみを

 

No voice can hope to hum

口ずさめる歌声はない

 

The ocean wild like an organ played

オルガンの音のように荒れる海

 

The seaweed’s wove its strands

海藻が螺旋を編み

 

The crashin’ waves like cymbals clashed

打ち寄せる波はクラッシュ・シンバルのよう

 

Against the rocks and sands

岩と砂に逆らって

 

Lay down your weary tune, lay down

あなたのくたびれた歌を横たえて

横たえて

 

Lay down the song you strum

爪弾く歌を横たえて

 

And rest yourself ’neath the strength of strings

そして弦の力の下でおやすみを

 

No voice can hope to hum

口ずさめる歌声はない

 

I stood unwound beneath the skies

私は空の下にほどけて立っていた

 

And clouds unbound by laws

そして法に縛られない雲

 

The cryin’ rain like a trumpet sang

トランペットが歌うような叫びの雨

 

And asked for no applause

拍手不要と申し出られた

 

Lay down your weary tune, lay down

あなたのくたびれたメロディーを横たえて

横たえて

 

Lay down the song you strum

爪弾く歌を横たえて

 

And rest yourself ’neath the strength of strings

そして弦の力の下でおやすみを

 

No voice can hope to hum

口ずさめる声はない

 

The last of leaves fell from the trees

最後の葉っぱが木から落ちて

 

And clung to a new love’s breast

新しい恋人の胸に貼りついた

 

The branches bare like a banjo played

むき出しの枝はバンジョーの演奏のよう

 

To the winds that listened best

最も聞かれた風に向けて

 

I gazed down in the river’s mirror

私は川の鏡を見下ろして

 

And watched its winding strum

その曲がりくねる隆起を眺めた

 

The water smooth ran like a hymn

水は賛美歌のように滑らかに流れていた

 

And like a harp did hum

ハープが音を立てたように

 

Lay down your weary tune, lay down

あなたのくたびれた調べを横たえて

横たえて

 

Lay down the song you strum

爪弾く歌を横たえて

 

And rest yourself ’neath the strength of strings

そして弦の力の下でおやすみを

 

No voice can hope to hum

口ずさめる歌声はない

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編 



Copyright ©2018 NagaoAkira