Isis / アイシス



Desire

f:id:bettychang:20201212165936j:plain

 

I married Isis on the fifth day of May

5月5日にアイシスと結婚した

 

But I could not hold on to her very long

でも彼女と長くやっていけなかった

 

So I cut off my hair and I rode straight away

だからおれは髪を切ってすぐに馬に乗った

 

For the wild unknown country where I could not go wrong

失敗の許されない野生の未知なる土地へと

 

I came to a high place of darkness and light

闇と光の高地へやってきた

 

The dividing line ran through the center of town

境界線が街の中心を通っていた

 

I hitched up my pony to a post on the right

おれはポニーを右の柱に繋いだ

 

Went in to a laundry to wash my clothes down

服を洗うために洗濯場へ入った

 

A man in the corner approached me for a match

角の男がマッチを求めて近づいてきた

 

I knew right away he was not ordinary

すぐにおれは彼が普通じゃないとわかった

 

He said, “Are you lookin’ for somethin’ easy to catch?”

彼はいった

「あんた、何かうまい話を探しているかい」

 

I said, “I got no money.” He said, “That ain’t necessary”

おれはいった「金はないぞ」

彼はいった「金は必要ないよ」

 

We set out that night for the cold in the North

おれたちはその夜に出発した

北部の寒さのために

 

I gave him my blanket, he gave me his word

おれは彼に毛布を与えた

彼はおれに約束した

 

I said, “Where are we goin’?” He said we’d be back by the fourth

おれはいった「どこへ向かっているんだ?」

彼は四日までには戻るさといった

 

I said, “That’s the best news that I’ve ever heard”

おれはいった

「それは今までで最高の情報だな」

 

I was thinkin’ about turquoise, I was thinkin’ about gold

おれはトルコ石について考え

黄金について考えた

 

I was thinkin’ about diamonds and the world’s biggest necklace

ダイヤモンドについて考え

世界最大のネックレスについて考えていた

 

As we rode through the canyons, through the devilish cold

峡谷を通り抜ける時に

悪魔のような寒さの中を

 

I was thinkin’ about Isis, how she thought I was so reckless

おれはアイシスについて考えていた

なぜ彼女はおれを無謀だと思ったのか

 

How she told me that one day we would meet up again

どうして彼女はいつかまた会えるとおれにいったのか

 

And things would be different the next time we wed

そして次にふたりが結婚したら物事は違っているだろうか

 

If I only could hang on and just be her friend

もしおれがただ堪えて

そして彼女とただ友だちでいれば

 

I still can’t remember all the best things she said

おれは彼女がいった最良の言葉をいまだ思い出せない

 

We came to the pyramids all embedded in ice

おれたちは氷に埋もれたピラミッドにやってきた

 

He said, “There’s a body I’m tryin’ to find

彼はいった

「おれが探してる遺体がここにある」

 

If I carry it out it’ll bring a good price”

「運び出せばいい金になる」

 

’Twas then that I knew what he had on his mind

彼の考えがその時にわかったのだ

 

The wind it was howlin’ and the snow was outrageous

風が吠えていた

そして雪は強烈だった

 

We chopped through the night and we chopped through the dawn

おれたちは夜を切り刻み

そして夜明けを切り刻み

 

When he died I was hopin’ that it wasn’t contagious

彼が死んだ時におれは伝染病じゃないように願った

 

But I made up my mind that I had to go on

だがおれは決心した

進み続けなければならないと

 

I broke into the tomb, but the casket was empty

おれは墓に侵入した

だが棺は空っぽ

 

There was no jewels, no nothin’, I felt I’d been had

宝石もなければ、何もない

おれは騙されたと思った

 

When I saw that my partner was just bein’ friendly

自分の相棒を見て

あいつはただ仲良くしたかっただけなんだ

 

When I took up his offer I must-a been mad

やつの提案にのるとは

自分が正気だとは思えなかった

 

 

I picked up his body and I dragged him inside

おれは彼の死体を拾い上げて中へ引きずり込んだ

 

Threw him down in the hole and I put back the cover

穴に投げ込んで覆いを戻した

 

I said a quick prayer and I felt satisfied

おれは手短に祈った

これでよしと思った

 

Then I rode back to find Isis just to tell her I love her

それからおれはアイシスを探しに戻った

ただ彼女に愛を伝えるために

 

She was there in the meadow where the creek used to rise

小川の流れる牧草地に彼女はいた

 

Blinded by sleep and in need of a bed

目やにで見えず

ベッドを必要としている

 

I came in from the East with the sun in my eyes

おれは東から入った

太陽を見ながら

 

I cursed her one time then I rode on ahead

かつて彼女を呪った

おれは先に乗った

 

 

She said, “Where ya been?” I said, “No place special”

彼女はいった「どこへいっていたの?」

おれはいった「特別どこってわけじゃないよ」

 

She said, “You look different.” I said, “Well, not quite”

彼女はいった「変わったね」

おれはいった「まあそうでもないけど」

 

She said, “You been gone.” I said, “That’s only natural”

彼女はいった「あなたはいってしまった」

おれはいった「ただの成り行きだよ」

 

She said, “You gonna stay?” I said, “Yeah, I jes might”

彼女はいった「残るの?」

おれはいった「ああ、そうだな」

 

 

Isis, oh, Isis, you mystical child

アイシス、ああ、アイシス

おまえは神秘の子

 

What drives me to you is what drives me insane

おれをおまえに駆り立てるもの

それがおれを狂わせるもの

 

I still can remember the way that you smiled

今も思い出せるよ

おまえの微笑み方を

 

On the fifth day of May in the drizzlin’ rain

5月5日の小雨の中の

 

 

 

WRITTEN BY: BOB DYLAN AND JACQUES LEVY 

参考:ボブ・ディラン全詩302編

hrecords.jp

 



Copyright ©2018 NagaoAkira