Dirge / 葬送歌



Planet Waves

f:id:bettychang:20201020224520j:plain

 


I hate myself for lovin’ you and the weakness that it showed

あなたを愛する自分を憎む

そしてそれが示す弱さを

 

You were just a painted face on a trip down Suicide Road

あなたは顔を塗り替えただけ

自殺の道への旅で

 

The stage was set, the lights went out all around the old hotel

ステージがセットされ

古いホテルの一帯の明かりが消えた

 

I hate myself for lovin’ you and I’m glad the curtain fell

あなたを愛する自分が嫌いだ

だから幕が下りてよかった

 

I hate that foolish game we played and the need that was expressed

私たちの愚かなゲームを憎む

そしてあの表現の必要性を

 

And the mercy that you showed to me, who ever would have guessed?

あなたが私に見せた慈悲

誰が予期できただろう?

 

I went out on Lower Broadway and I felt that place within

私はロワーブロードウェイへ行き

その場所を自分の内に感じ

*Lower Broadway...テネシー州ナッシュビルの歓楽街

 

That hollow place where martyrs weep and angels play with sin

あの空虚な場所

殉教者が嘆き天使が罪を弄ぶ

 

Heard your songs of freedom and man forever stripped

あなたの自由の歌を聞いたよ

そして永久に脱がされた男

 

Acting out his folly while his back is being whipped

自身の愚かさを演じている

背中に鞭をうける間中

 

Like a slave in orbit, he’s beaten ’til he’s tame

軌道上の奴隷のように

彼は従順になるまで打たれる

 

All for a moment’s glory and it’s a dirty, rotten shame

あらゆる一瞬の栄光と下品に腐敗した恥

 

There are those who worship loneliness, I’m not one of them

孤独を賛美する人もいるけれど

私は彼らとは違う

 

In this age of fiberglass I’m searching for a gem

このグラスファイバーの時代に

私は宝石を探し求めている

 

The crystal ball up on the wall hasn’t shown me nothing yet

壁にかかる水晶玉は

いまだ私になにも見せてはくれない

 

I’ve paid the price of solitude, but at last I’m out of debt

私は孤独の代価を支払い

しかしようやく負債から抜け出した

 

Can’t recall a useful thing you ever did for me

思い出せない

あなたが私のためにしてくれた有益なことは

 

’Cept pat me on the back one time when I was on my knees

私が跪いた時に一度だけ

肩を叩いてくれたこと以外には

 

We stared into each other’s eyes ’til one of us would break

私たちは互いの目を見つめ合ってはいたけれど

片方が壊れてしまうまでは

 

No use to apologize, what diff’rence would it make?

謝罪は無意味だ

なんの違いがあるの?

 

So sing your praise of progress and of the Doom Machine

だから破滅の機械の進歩を褒め称える歌を歌えばいい

 

The naked truth is still taboo whenever it can be seen

ありのままの真実はいまだタブー

いつ目にしようとも

 

Lady Luck, who shines on me, will tell you where I’m at

私を輝かせる幸運の女神が

私のいる場所を教えてくれるだろう

 

I hate myself for lovin’ you, but I should get over that

あなたを愛する自分を憎む

けれど私は乗り越えなくては

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編



Copyright ©2018 NagaoAkira