Caribbean Wind / カリブ海の風



Biograph

f:id:bettychang:20200821141306j:plain

 

She was the rose of Sharon from paradise lost

彼女は楽園を追放されたシャロンのバラ

*rose of Sharon...旧約聖書の雅歌2:1(私はシャロンのバラ、野のゆり)

 

From the city of seven hills near the place of the cross

十字架のそば

7つの丘の町からきた

 

I was playing a show in Miami in the theater of divine comedy

私はマイアミで神曲の劇に出演していた

*divine comedy...13-14世紀の詩人ダンテの長編叙事詩

 

Told about Jesus, told about the rain

イエスの話をして

雨の話をした

 

She told me about the jungle where her brothers were slain

彼女は自分の兄弟たちが殺された弱肉強食の世界について話した

 

By a man who danced on the roof of the embassy

大使館の屋根の上で踊る男によって

 

Was she a child or a woman, I can’t say which

彼女は子供だったのか、女性だったのか

私にはどちらともいえず

 

From one to another she could easily switch

あるものから別のものへ

彼女はたやすく切り替えることができた

 

We went into the wall to where the long arm of the law could not reach

私たちは法の力の及ばない壁の中へと入り

 

Could I been used and played as a pawn?

私は歩兵のように使われ遊ばれていたのか?

 

It certainly was possible as the gay night wore on

それは確かにありうる

陽気な夜が続くにつれて

 

Where men bathed in perfume and celebrated free speech

男たちが香水を浴びて言論の自由を祝うところでは

 

And them Caribbean winds still blow from Nassau to Mexico

そしてカリブ海の風はいまだ吹く

ナッソーからメキシコへ

 

Fanning the flames in the furnace of desire

欲望のかまどで炎をあおり立てる

 

And them distant ships of liberty on them iron waves so bold and free

そして彼方の解放の船は大胆に自由に鉄の波を起こす

 

Bringing everything that’s near to me nearer to the fire

私のそばのすべてのものに火を近づけて

 

 

She looked into my soul through the clothes that I wore

彼女は身につけた服を通して私の魂を覗き込んだ

 

She said, “We got a mutual friend over by the door

彼女はいった

「ドアのそばに共通の友がいるわ」

 

And you know he’s got our best interest in mind”

「そして彼が私たちの最大の関心ごとを気に留めているとご存知でしょう」

 

He was well connected but her heart was a snare

彼はよく結び付けられていたが彼女の心は誘惑だった

 

And she had left him to die in there

そして彼女はそこに男を置き去りにして死なせてしまい

 

There were payments due and he was a little behind

そこには支払いの期日があった

そして彼は少しだけ遅れていた

 

The cry of the peacock, flies buzz my head

クジャクの鳴き声

頭の上をハエが飛ぶ

 

Ceiling fan broken, there’s a heat in my bed

天井の扇風機は壊れ

私のベッドは暑い

 

Street band playing “Nearer My God to Thee”

路上のバンドが演奏している

「主よ御許に近づかん」

*Nearer My God to Thee...賛美歌のひとつ

 

We met at the steeple where the mission bells ring

私たちは使命の鐘の鳴る尖塔で出会った

 

She said, “I know what you’re thinking, but there ain’t a thing

彼女はいった

「あなたの考えはわかっている。だけど何一つ残ってはいない。」

 

You can do about it, so let us just agree to agree”

「あなたはそれをできる。だから私たちはただ合意することに同意しましょう。」

 

And them Caribbean winds still blow from Nassau to Mexico

そしてカリブ海の風はいまだ吹く

ナッソーからメキシコへ

 

Fanning the flames in the furnace of desire

欲望のかまどで炎をあおり立てる

 

And them distant ships of liberty on them iron waves so bold and free

そして彼方の解放の船は大胆に自由に鉄の波を起こす

 

Bringing everything that’s near to me nearer to the fire

私のそばのすべてのものに火を近づけて

 

 

Atlantic City by the cold grey sea

冷たい灰色の海のそばのアトランティック・シティー

 

I hear a voice crying, “Daddy,” I always think it’s for me

私は泣く声を聞く

「パパ」

私はいつも自分のためだと思う

 

But it’s only the silence in the buttermilk hills that call

しかしその呼ぶ声はバターミルクの丘の静けさだけ

 

Every new messenger brings evil report

どの新しい使者も悪い知らせをもたらす

 

’Bout armies on the march and time that is short

行進中の軍隊や時間の短さや

 

And famines and earthquakes and hatred written upon walls

飢餓や地震や壁に書かれた憎悪や

 

Would I have married her? I don’t know, I suppose

私は彼女と結婚していただろうか?

わからない、まあそうだろう

 

She had bells in her braids and they hung to her toes

彼女の三つ編みには鈴があり

つま先にぶら下がっていた

 

But I kept hearing my name and had to be movin’ on

しかし私は自分の名を聞き続けて

そして移らなければならなかった

 

I saw screws break loose, saw the devil pound tin

私はネジが緩むのを見た

悪魔が缶詰を何度も強打するのを見た

 

I saw a house in the country being torn from within

田舎の家が内側から崩れるのを見た

 

I heard my ancestors calling from the land far beyond

彼方の土地からの祖先の呼び声を聞いた

 

And them Caribbean winds still blow from Nassau to Mexico

そしてカリブ海の風はいまだ吹く

ナッソーからメキシコへ

 

Fanning the flames in the furnace of desire

欲望のかまどで炎をあおり立てる

 

And them distant ships of liberty on them iron waves so bold and free

そして彼方の解放の船は大胆に自由に鉄の波を起こす

 

Bringing everything that’s near to me nearer to the fire

私のそばのすべてのものに火を近づけて

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編

 



Copyright ©2018 NagaoAkira