Bringing It All Back Home (back-liner notes)



f:id:bettychang:20200816182050j:plain

 

i'm standing there watching the parade/
feeling combination of sleepy john estes.jayne mansfield. humphry bogart/
mortimer snerd. murph the surf and so forth/erotic hitchhiker wearing japanese blanket. gets my attention by asking didn't he see me at this hootenanny down in puerto vallarta, mexico/
i say no you must be mistaken. i happen to be one of the Supremes/
then he rips off his blanket an' suddenly becomes a middle-aged druggist. up for district attorney. he starts screaming at me you're the one. you're the one that's been causing all them riots over in vietnam. immediately turns t' a bunch of people an' says if elected, he'll have me electrocuted publicly on the next fourth of july. i look around an' all these people he's talking to are carrying blowtorches/
needless t' say, i split fast go back t' the nice quiet country. am standing there writing WHAAT? on my favorite wall when who should pass by in a jet plane but my recording engineer "i'm here t' pick up you and your lastest works of art. do you need any help with anything?''

(pause)

 

私はそこに立ってパレードを見ている。
スリーピー・ジョン・エステスの組み合わせを感じている。ジェーン・マンスフィールド。ハンフリー・ボガート、モーティマー・スナードその他もろもろ。日本の毛布をかぶったエロティックなヒッチハイカー。メキシコのプエルト・バヤルタで行われたこのフーテナニーで私を見たことがないかと聞いて私の注意を引いて。
私はあなたが間違っているに違いないと言う。私はシュープリームスの一人。
ふと 「中年の薬屋」 になってしまう。地方検事に任せようとしている。私に向かって叫んでくる。ベトナムで暴動を起こしているのはおまえだ。当選したら、次の7月4日に私を感電死させると言っている。周りを見回すと、彼が話している人はみな吹矢を持っている。
言うまでもないが、静かでいい国に戻る。そこに立って書いている。何なんだ?誰がジェット機で通りかかったのか、お気に入りの壁に書いてあったが、私のレコーディングエンジニアは 「あなたと最新の作品をお迎えに来ました。何かお手伝いすることはありますか?」

(休止)

 

my songs're written with the kettledrum in mind/a touch of any anxious color. unmentionable. obvious. an' people perhaps like a soft brazilian singer . . . i have given up at making any attempt at perfection/
the fact that the white house is filled with leaders that've never been t' the appollo theather amazes me. why allen ginsberg was not chosen t' read poetry at the inauguration boggles my mind/if someone thinks norman mailer is more important than hank williams that's fine. i have no arguments an' i never drink milk. i would rather model harmonica holders than discuss aztec anthropology/
english literature. or history of the united nations. i accept chaos. I am not sure whether it accepts me. i know there're some people terrified of the bomb. but there are other people terrified t' be seen carrying a modern screen magazine. experience teaches that silence terrifies people the most . . . i am convinced that all souls have some superior t' deal with/like the school system, an invisible circle of which no one can think without consulting someone/
in the face of this, responsibility/
security, success mean absolutely nothing. . . i would not want t' be bach. mozart. tolstoy. joe hill. gertrude stein or james dean/they are all dead. the Great books've been written. the Great sayings have all been said/
I am about t' sketch You a picture of what goes on around here sometimes. though I don't understand too well myself what's really happening. i do know that we're all gonna die someday an' that no death has ever stopped the world. my poems
are written in a rhythm of unpoetic distortion/
divided by pierced ears. false eyelashes/subtracted by people constantly torturing each other. with a melodic purring line of descriptive hollowness -- seen at times through dark sunglasses an' other forms of psychic explosion. a song is anything that can walk by itself/
i am called a songwriter. a poem is a naked person . . . some people say that i am a poet
(end of pause)

an' so i answer my recording engineer "yes. well i could use some help in getting this wall in the plane"

 

私の歌はケトルドラムを考慮して書かれている。言及できない。明白に。人々はおそらく、柔らかいブラジルの歌手のようなものだ。..私は完璧を目指すことを諦めた。
ホワイトハウスを埋め尽くす指導者たちのだれもがアポロ劇場にいったことがない事実に私は驚いている。就任式でアレン・ギンズバーグの詩の朗読がなぜ選ばれなかったのか。気が変になる。もしもノーマン・メーラーがハンク・ウィリアムズよりも偉大だと考えても私は議論しないし牛乳を飲んだこともない。アステカの人類学について議論するよりも、ハーモニカホルダーを手本にしたい。
イギリス文学。あるいは連合国の歴史のことだ。混沌を受け入れる。それが私を受け入れるかどうかわからない。爆弾を怖がる人がいるのは知ってる。しかし、モダン・スクリーン・マガジンを持っていると思われるのを恐れる人もいる。経験は、沈黙が人々を最も怖がらせることを教えている。..私は、すべての魂は、学校制度のように、誰もが誰かに相談せずには考えることができない目に見えないサークルと、何か優れたものを持っていると確信している。
職務、これに直面して。
セキュリティ、成功は何の意味もない。..バッハにはなりたくない。モーツァルト、トルストイ。ジョー・ヒル。ガートルード・スタインまたはジェームス・ディーン。彼らはみな死んだ。素晴らしい本が書かれている。偉大な言葉はすべて語られている。
私はあなたに時々ここで起こっていることをスケッチしてあげようとしている。自分では何が起こっているのかよくわからないが。私たちは皆いつか死ぬことを知っている。死が世界を止めたことはない。私の詩。
詩的でない歪曲のリズムで書かれている。
穴のあいた耳で分けられる。つけまつげ。常にお互いを苦しめている人々によって減らされる。叙述的なうつろさのメロディー的なプリンリング・ラインを持っていた――時には、暗いサングラスを通して 「別の形の精神的爆発」 が見られた。歌は一人で歩けるものだ。
私は作詞家と呼ばれている。詩は裸の人である。..私は詩人だと言う人もいる。

(休止終了)

そして私はレコーディングエンジニアに答える。

「そう。この壁を飛行機に乗せるのを手伝ってもらえる?」

 

 

参考:ボブ・ディラン全詩302編 



Copyright ©2018 NagaoAkira