Being for the Benefit of Mr. Kite! / ミスター・カイト氏の主催により!



Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band

f:id:bettychang:20200917082904j:plain

 

For the benefit of Mister Kite,

ミスター・カイト氏主催により


There will be a show tonight on trampoline.

今夜、トランポリンショーが開催されます


The Hendersons will all be there, late of Pablo Fanque's fair

ヘンダーソン一座が一同に介します

パブロ・ファンク博覧会のすぐ後です

 

What a scene.

驚愕の舞台です


Over men and horses, hoops and garters,

人間に馬に輪っかにガータースネーク


Lastly through a hog'shead of real fire.

しまいには豚の頭に本物の炎を通して


In this way Mister K. will challenge the world!

このようにしてミスター・Kが世界!に挑みます

 

The celebrated Mister K.,

かの有名なミスター・K


Performs his feat on Saturday at Bishopsgate.

土曜にビショップズ・ゲートで離れ業を披露します


The Hendersons will dance and sing

ヘンダーソンが踊り、歌います


As Mister Kite flies through the ring, don't be late.

ミスター・カイトは輪をくぐり抜けて

お見逃しなく


Mess'rs K. and H. assure the public

ミスター・KとHは皆様にお約束します


Their production will be second to none

これらの演目、右に出るものはおりません


And of course, Henry, The Horse, dances the waltz!

そしてもちろん、馬のヘンリーがワルツを踊る!

 

 

The band begins at ten to six

ショーは6時10分前スタート


When Mister K. performs his tricks without a sound.

ミスター・Kが音もなく妙技を演じ


And Mister H. will demonstrate

そしてミスター・Hが実演します


Ten somersets he'll undertake on solid ground.

硬い地面の上で10回転宙返り


Having been some days in preparation,

何日も準備をしてきました


A splendid time is guaranteed for all.

皆様に色鮮やかなひと時を保証いたします


And tonight Mister Kite is topping the bill.

そして今夜の主役は、ミスター・カイト氏

 

 

Words & Music: John Lennon, Paul McCartney
Lead Vocalist: John Lennon

 

ja.wikipedia.org

 

1967年1月30日と31日にイギリスのケント州セブノークスに隣接するノール・パーク(英語版)にて両A面シングル『ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン』のミュージック・ビデオの撮影を行っていた[6][7]。休憩の合間にジョン・レノンは、町の骨董屋を訪れて1843年のサーカス団のポスターを見つけた。このポスターを買ったレノンは自宅の音楽室の壁に貼り、ポール・マッカートニーの助けを借りながら歌詞を書いた[1]。歌詞はポスターに掲載されていた宣伝文句からヒントを得て書かれており、このポスターに記載されていた宣伝文句をほぼ丸ごと引用している[1][8][9]。

 



Copyright ©2018 NagaoAkira