インターステラー

f:id:bettychang:20201211214919j:plain

 

ネタバレがありますね。

 

interstellar
【形】星間の

 

 

 

見るの3回目です。

AmazonPrimeにあったのでまた見た。

 

初めて見たときは本当に感動でした。

2回目はものすごい孤独感で死にたくなった。

3回目、やっぱりおもしろいな。

特に死にたくはならなかった。進歩だ。単なる心境の変化か。

 

やはり名作といっていいと思う。

ただし、謎はいくつかある。

 

ミラーの星の謎

 

ここでの1時間は、地球の7年だ! ゴー!ゴー!ゴー!ゴー!」

 

いやわかんねえよ。

どういうこと。

 

gendai.ismedia.jp 


 

これを理解するために覚えておくべき物理学の法則は、

「重力は時間を遅らせる」

 

 

はい。

ミラーの星はブラックホールを回っているのでクソ重い。

ここまではわかるが。

 

人間の感覚や思考も、突き詰めれば脳の電気信号の集まりであり、物理現象のひとつだと考えられています。時間がゆっくり進む場所では、人間の感覚や思考も例外ではなく、まったく同じだけゆっくり進みます。

 

あーそういうこと?

ガルガンチュアの重力圏に入ると時間が遅い。人間もただの有機物なのでそこの物理法則にしたがって動きますよって話なのか。だから地球と時間がずれると。

いやむずいだろ。

 

時計の針の謎 

 

しかし私的に1番の謎は...

ブラックホールに飲み込まれたクーパーがその後「彼ら」の手によって時間を超え娘の部屋の本棚に閉じ込められるまではいい。どういいのかわからないが、しかし問題は時計をどうやって動かしていたのか・・・

なんか触って操作してたよね。あれどういうこと・・・

 

その後どういう流れで誰に救助されたのかも不可解だな。

クーパーは別の銀河のブラックホールにいたはずでは。

目覚めると土星のステーションに...

ええ。;。わかんねえよ。

土星ステーションの誰かがワームホールを抜けて救助にいったんだろうか。

わからない。

重力の謎を解明した流れでいずれ時間を操れるようになった人類が「彼ら」だとしても、土星のステーションに移住して助かった人類とはイコールじゃないよね。

年月的には50年くらいは経ってるっぽいが。

うーん。

 

クライマックスでは超巨大ブラックホールの事象の地平面近くを通過しますが、さらに強い重力だったため、51年もの月日があっという間に過ぎ去ってしまいました。そして、寿命を迎えつつある娘のマーフに再会します。

 

あー、そうか。

ということはやっぱり土星のステーションの人が51年後にブラックホールに入ったクーパー父をどっかで見つけて助けたのかな。

 

そうか・・・

 

うーん。。

 

 

神とは何者か 

 

ラザロ計画って名前からも神とは何者かというテーマもあるのかも。

ラザロはイエスの友だち。

病気で死んだ。

でもイエスが奇跡で生き返らせた人ですね。

このことでローマから目をつけられるわけだが。

この映画の中でのラザロは人類。

じゃあクーパーをラザロ計画へ導き、謎のブラックホール本棚から重力の秘密をマーフに伝えさせた彼ら=イエスか。それは進化した人類だって話はそうとう恐れ多い感はあるけど。

神がもしいるとすれば、それは聖書的には世界の創造主なわけだが、つまり具体的には宇宙を作った何者かということになる。

誰かが作ったのか、何らかの現象なのか。もちろんわからないが、私にはそれが人だとはとても思えないな。せいぜい頑張って進化しても月に行けるくらいのものだし。そのうち地殻変動か隕石だかで滅びるでしょ。そういう生物は宇宙のいたるところにいるよ、きっと。

 

まあでも、メインは映像と親子愛だよね。たぶん。

それでいいのでは。