AIバットマンの話題



front-row.jp

 

バットマン、典型的なバットケイブにいる。

バットモービルの隣に立ち、バットコンピューターを使っている。彼はブルース・ウェインで、時々バットマンにもなる。そして、孤児である。

バットマン:「ここは今や安全な街だ。ペンギンを殴って刑務所に送ってやった」

バットマンの忠実な執事、アルフレッドがトレーにゴスなハムを乗せて運んでくる。

アルフレッド:「夕食を食べてください。マットレス・ウェイン」

突然爆発が起こる。ジョーカーとトゥーフェイスがバットケイブに侵入する。

ジョーカーは道化師だ。しかし正気ではない。
トゥーフェイスは男性だ。しかし弁護士だ。

バットマン:「まずい!トゥーフェイスとジョーカーだ。彼らは私がバットであることを憎んでいる」

バットマンはトゥーフェイスにアルフレッドを投げつける。
トゥーフェイスはアルフレッドをコインのように弾く。
アルフレッドは頭を上にして倒れる。
そうなったとあれば、トゥーフェイスは退散する。

バットマン:「さあ、俺とお前だけだ、ジョーカー。バットマンvsジョーカー。宿敵」

ジョーカー:「俺は変人だ。社会は悪い。お前が水を飲むように、俺は無秩序を飲む」

バットマン:「私はコウモリのようにコウモリを飲む!」

バットマンは両親を探すが、彼らはまだ死んだまま。
この事実はバットマンを怒らせる。
バットマンはバットロケットを発射する。
ジョーカーは病的なユーモアのセンスでそれをそらす。
ひょうきんなパワーだ。

ジョーカー:「俺はルールを守ったことがない。それが俺のルールだ。お前はルールを守るか?俺は守らない」

バットマン:「アルフレッド、ロビンを産んでくれ」

アルフレッドは一連の行為を始める。それが彼の仕事だから。
ジョーカーは今、手にプレゼントを持っている。
彼はそれをバットマンに向かってひょいと投げる。

ジョーカー:「誕生日おめでとう」
       
バットマンはいい人なので、そのプレゼントを開ける。
中には新しい親のためのクーポンが入っているが、期限が切れている。
これはジョーカーのジョークだ。

 

 

 

 

 

AIが1000時間学習して執筆した『バットマン』脚本がヤバいので全訳してみました - フロントロウ -海外セレブ情報を発信

“「アルフレッド、ロビンを産んでくれ」” でもう駄目だった

2020/08/20 10:03

b.hatena.ne.jp

 

 

 

 



Copyright ©2018 NagaoAkira