訳詞サイト検索

ヘップファイブでの事件の話題



www.sankei.com

 

痛ましいな。

 

なんかわりと無意味な議論が起こっているようですね。

例のひとりで死ね論者と全員犠牲者(そういう社会が悪い)論者。

仮に誰かが誰かを巻き添えにして死んだとする。

ひとりで死ねと誰かがいう。

でもこれはどちらかといえばだが、マイナスの効果にしかならないのでは。

仮に誰かを巻き添えにして死にたい人がいるとして、ひとりで死ね論者はまさに社会そのものだから、そういうあなたみたいなやつを巻き添えにして殺したい可能性があるかもしれない。でもまあ気持ちとしてはわかる。共感するという意味ではないが。つまり他人を巻き添えにする行為というのは不特定への加害だから可能性的には自分が殺されることもゼロではないし、自己防衛本能でそれを攻撃するというのは動物的に正しい。ただそれにより攻撃者の殺意は高まるというバグに気付いていないところも動物的でいいのでは。いいって意味がわからないが。

じゃあそうじゃなくて、おれたちみんなが社会の犠牲者なんだ、という説。

しかし、私たちみな社会の犠牲者であれば、じゃあ社会に復讐して死ぬのは少しでも正当性がありそうに見えるんだが。どっちにしても自分ではどうしようもない話題なのでなにかを考えたり善悪を定義しても無意味ですね。どれだけ社会が良くなっても個人的事情の積み重ねで行動に至る、ということはありえる。そもそも社会性と関連する事案なのかもわからないのに「社会のせいなんだ!(この話題はこれでいいか)」といわれても、なんとなく矛先が必要だから雰囲気でいってみたくらいにしか感じない。とりあえずそういう事件を目にして動物的な人間を見てしまったのでそれに対する自分の感情のカウンターとして私も発散する必要があった、というのならわかる。

じゃあ無関心が一番正しい振る舞いなんだろうか。

それはわからん。個人的コメントというのはでも関係者が見る可能性ももちろんあるから、何か思っても黙していようという人は比較的優しい部類の人々だと思う。

ただなにか事件があった時に関係者はとにかくネットなどは見ないというのが大事でしょうね。個人の感情があまりにも見えすぎる。そのくせすぐ忘れる。もちろん私もそうです。そんなものは議論ですらないですね。意見ではあるか。だがどのみちなにも解決するわけもない。当たり前だ。神でもないそこらのやつにこんな事件、なにがどう防げるの。人はネットで発言できてご褒美がもらえるとすべてが参加型エンターテイメントになってしまう。あなた、正しいですね!同意します。それだよ、おれがいいたかったことは!!同意する!うまいこと言えましたね、すごい。よしよし。実際の事件や死や殺人事件や。ただ、うまいこといったやつが勝ちみたいな姿勢は強いていえば最も死者への敬意のない態度かもしれないな。赤の他人に敬意なんてあるわけないだろというのももちろん事実ですね。きれいごとをいうつもりもない。ただどのみち解決しようもない話題でなにか意味のないことをいいたいのなら、それくらいの羞恥心はもって発言したほうがいいか。そういった意味ではSNSやはてなブックマークやあるいはブログもそうだが、それらは議題によって機能する方向性が都度異なりますね。例えばテラスハウスの件なんかはリアリティーショーという見世物ビジネスの内情、とまではいかないけど実態を増田やブックマークやツイッターから知ることができる。情報量が違えば見方も随分変わるし、それら個々人の認識はわずかでも確実に実社会に影響する。若者が飛び降り自殺して別の若者を巻き添えにして死にました。そこから個々人の善悪の定義を見たところで別になんの意味もなさない。ただ嫌悪感が増すだけ。だから事案によって、ネットの利点欠点というのは動きますねという、まあそういうものだなと思ったというだけの話です。



Copyright ©2018 NagaoAkira