訳詞サイト検索

YouTubeのコメントを見たり返した話



 

久しぶりにチェックしてみたんですが、少しコメントがあった。

 

それで世の中の大半の人は礼儀正しく優しい。これは事実ですね。

感想を読んだら少し意欲が上がったかも。

あれ、やっぱり感想っていうのは必要なのか。

よくわからんな。

難しい問題だ。

そういえば小説家の人だっけ?

感想がこないから作るのやめますって人がいたけれど、、まあ少し気持ちがわかったかも。わからんでもないというか。

またコメント返したりしようかな。

コミュニケーション?

人と関わることとは・・・

そのほうが楽しいのかも。

結局私の音楽は金にはならないし。金の話はやめておけ。

とはいえ、少しはなっています。

本当にありがたい。

Money...That's what I want...

もういいか。

 

問題は変な人がいることなんだけど、まあ変な人はどこにでもいる。

というか自分が変な人の場合もあるか。

変な人は自分が変だとわからない。

とにかくでも、あまり気にしてたら人と関われなくなってしまうな。

実際そうなっているし。

しかし、YouTubeに関しては割と普通の人でも認識がおかしいところがある気がしてる。

〇〇の曲を聞きたくてYouTubeで検索したら素人の下手くそなカバーが出てくる、おまえ誰だよ!みたいなコメントにいいねやスターがついたりする。

いやそれおかしくないか。

そもそも動画投稿サイトだから。

公式チャンネルがなければ、もしあったとしてもそれは違法アップロードなんですけど、そもそも何を探しているの?

サブスクになくてiTunesのダウンロードやCDにしかなければ、それはそこで買ってほしいって意味で、ないのはたまたまないわけじゃないんですよ。ビジネスマンならわかるだろ。いや、なにマンか知らんけど。

探して聞けなかったからってカバーが叩かれるのも意味不明だし。

そもそもJASRACと提携してて、そういうのできる仕組みになってるよ。

個人がカバーとかオリジナルのなにかをあげたりできる場所なんですけれど。

でもそういう人も別に悪意があるわけじゃないからね。

しかし、こういう嫌な話をしても誰も得しない。

私もあなたも嫌な気分になる。

なんなんだ。意味がない。

できるだけ楽しいことをしましょう。

それは、音楽か。絵もいいね。

仕事も楽しいよ。場合によっては。

はい。

 

コメントをありがとうございました。

 



Copyright ©2018 NagaoAkira