VRM形式の3Dモデルに対応するMODの話題



www.moguravr.com

 

Steamで販売中のオープンワールドゲーム「クラフトピア」にて、MODによりVRM形式の3Dモデルが使えるようになったことが話題となっています。 

 

話題のゲーム「クラフトピア」にVRM形式の3Dモデルに対応するMODが登場 | Mogura VR

これ凄いことでは?オープンワールドのゲームにアバター持ち込み、まさにみんなが夢見てた事やん。

2020/09/22 04:08

b.hatena.ne.jp

 

話題のゲーム「クラフトピア」にVRM形式の3Dモデルに対応するMODが登場 | Mogura VR

数年後には「ゲームにアバターを持ち込んで遊べる」のが当たり前になっててもおかしくないし、「そのためのVRM……!」という可能性を感じる……!いいないいなー!

2020/09/22 13:13

b.hatena.ne.jp

 

へえー。

すごい。

個人的にはゆかりアバターでダークソウルやりたいんだが、そういうのはないか。

あー、曲の動画を作れるかもね。

そのオープンワールド内でのキャラの動きを録って編集したりすれば、なんかおもしろいかも。リアルでいうロケハン的な感じで。言葉の使い方あってんのか。

まあそのワールド?ゲーム内映像が使えるのならって話だが。

なんかでも、もう動画興味ないんだけどね。だめじゃん。

というか、Vtuber的なキャラとか映像ってすごいと思うんけど、やっぱ違うんだよな。MMDとかそういうのも同系な印象だけど。

なんとなく日常感がある。バラエティー的なのには向いてる気がする。

だからそっちではないなあ。

なんかそういうキャラが動いたからといって何か心を動かすような映像になるようなイメージがまったく湧かない。

まえにlive2d使ってみたけど、あれはほんと違ったなあ。

もしかしたらそもそも個人でできるようなものではないのかもしれない。

仮にイメージするものを作れるとしても。

かといって1枚の絵だったら動画でやる意味があまりない気もするし。

まあそれでもYouTubeにあげればとりあえず誰か見たり聞く可能性はあるっていうのはあるんだけど、、でもそれはなんかプラットフォームが強いってだけの話だよね。

そこでやる意味は技術的にはあまりないような...

別にそこまで真剣に考えなくてもいいんじゃないの。それもそうか。

そんなことどうでもいいから曲作れって話か。

ほんとそう。

でもなんだろ、解像度の高い1枚の絵の美しさとか、まあそっちだよな。

嗜好的にはね。

しかしすごいね、技術の進歩。

 



Copyright ©2018 NagaoAkira