11 Outlined Epitaphs / 11のあらましの墓碑銘



I end up then in the early evenin'
blindly punchin' at the blind
breathin' heavy
stutterin'
an' blowin' up
where t' go?
what is it that's exactly wrong?
who t' picket?
who t' fight?
behind what windows
will I at least
hear someone from the supper table
get up t' ask
"did I hear someone outside just now?"
yesterday
an hour ago
it came t' me
in a second's flash
an' was all so clear
it still is now
yes it is
it's maybe hidin'
it must be hidin'
the shot has shook
me up . . . for I've never
heard that sound before
bringing wild thoughts at first
ragged wild
numb wild
now though they've leveled out
an' been wrung out
leavin' nothin' but the strangeness
the roots within a washed-out cloth
drippin' from the clothesline pole
strange thoughts
doubtin' thoughts
useless an' unnecessary
the blast it's true
startled me back but for a spell
content with
all pictures, posters an' the like
that're painted for me
ah but I turned
an' the nex' time I looked
the gloves of garbage
had clobbered the canvas
leavin' truckloads of trash
clutterin' the colors
with a blindin' sting
forcin' me t' once again
slam the shutters of my eyes
but also me to wonderin'
when they'll open
much much stronger
than anyone whose own eyes're
aimed over here at mine
"when will he open up his eyes?"
"who him? doncha know? he's a crazy man
he never opens up his eyes"
"but he'll surely miss the world go by"
"nah! he lives in his own world"
"my my then he really must be a crazy man"
"yeah he's a crazy man"

an' so on spangled streets
an' country roads
I hear sleigh bells
jingle jangle
virgin girls
far into the field
sing an' laugh
with flickerin' voices
softly fadin'
I stop an' smile
an' rest awhile
watchin' the candles
of sundown dim
unnoticed
unnoticed for my eyes're closed

__________

11のあらましの墓碑銘

私はその時に終わる
夕方の早い時間に」
盲人にむやみにパンチを食らわす
深呼吸する
騒々しい
爆発
どこへ行く?
何が間違っているのでしょう?
誰がピケしない?
誰と戦う?
ウィンドウの背後に
少なくとも私は
夕食の席から人の声が聞こえる
起床して尋ねる
「さっき外で誰か聞こえた?」
昨日
1時間前に
それは私に来なかった
一瞬のうちに
すべてがはっきりしていた
今もそうです
そうです
隠れているかもしれません。
それは隠されているに違いない」
ショットが揺れた
私を起こして。..私は一度も
前にその音を聞いた
最初は荒っぽい考えを持ってくること
荒れ果てた野生の
無感覚な野生の
今は横ばい状態ですが
しぼんだ
その奇妙さ以外には何も残さない
洗いざらしの布の中の根
物干し竿から滴り落ちる
奇妙な考え
疑いの気持ち
無用な
それが本当である爆発
しばらくの間私を驚かせた
〜に満足する
すべての写真、ポスターなど
私のために描かれた
ああ、でも私は振り向いた
私が見た 「次の」 時間
ゴミの手袋
キャンバスを破った
トラックいっぱいのごみを捨てる
色を散らかす
目隠しをして
もう一度強制的にやらせる
目のシャッターを切る
私も不思議に思うよ」
開店時に
はるかに強く
自分の目で見る人よりも
ここ私のところを狙っている
「彼はいつ目を開けるの?」
「誰だ?知ってる?彼は気が狂っている
彼は決して目を開かない」
「でもきっと、通り過ぎていく世界が恋しくなるでしょう。」
「いや!彼は自分の世界に住んでいる」
「私の時、彼は本当に狂った人に違いない」
「ああ、彼はクレイジーな男だ」

散りばめられた通りの『そう』
田舎道
そりのベルが聞こえる
ジャラジャラ鳴る
処女少女
はるかに現場にいる
笑いながら歌う
ちらちらと
弱々しい
私は笑いを止める
しばらくの間の休息
ろうそくをたてる
日没で薄暗い
気付かれない
目を閉じているので気付かれない

__________

The town I was born in holds no memories
but for the honkin' foghorns
the rainy mist
the rocky cliffs
I have carried no feelings
up past the Lake Superior hills
the town I grew up in is the one
that has left me with my legacy visions
it was not a rich town
my parents were not rich
it was not a poor town
an' my parents were not poor
it was a dyin' town
(it was a dyin' town)
a train line cuts the ground
showin' where the fathers an' mothers
of me an' my friends had picked
up an' moved from
north Hibbing
t' south Hibbing.
old north Hibbing . . .
deserted
already dead
with its old stone courthouse
decayin' in the wind
long abandoned
windows crashed out
the breath of its broken walls
being smothered in clingin' moss
the old school
where my mother went to
rottin' shiverin' but still livin'
standin' cold an' lonesome
arms cut off
with even the moon bypassin' its jagged body
pretendin' not t' see
an' givin' it its final dignity
dogs howled over the graveyard
where even the markin' stones were dead
an' there was no sound except for the wind
blowin' through the high grass
an' the bricks that fell back
t' the dirt from a slight stab
of the breeze . . . it was as though
the rains of wartime had
left the land bombed-out an' shattered

south Hibbing
is where everybody came t' start their
town again. but the winds of the
north came followin' an' grew fiercer
an' the years went by
but I was young
an' so I ran
an' kept runnin' . . .

I am still runnin' I guess
but my road has seen many changes
for I've served my time as a refugee
in mental terms an' in physical terms
an' many a fear has vanished
an' many an attitude has fallen
an' many a dream has faded
an' I know I shall meet the snowy North
again-but with changed eyes nex' time 'round
t' walk lazily down its streets
an' linger by the edge of town
find old friends if they're still around
talk t' the old people
an' the young people
runnin' yes . . .
but stoppin' for a while
embracin' what I left
an' lovin' it-for I learned by now
never t' expect
what it cannot give me

__________

私が生まれた町には記憶がない
ホンキンの霧のために
雨のような霧
岩の多い崖
私は何の感情も持っていない
スペリオル湖の丘を越えて
私が育った町は
私に残されたのは
それは裕福な町ではなかった
私の両親は金持ちではなかった
それは貧しい町ではなかった
私の両親は貧しくなかった
それはダイインタウンだった
(それはダイインタウンだった)
電車の線路が地面を切る
父親が母親であることを示す
友達が選んでくれた
〜から移動して
北ヒビング
南ヒビング。
昔の北ヒビング。..
見捨てられた
すでに死んでいる
古い石造りの裁判所があり
風になびく
長い間放置された
ウィンドウがクラッシュした
壊れた壁の息吹
こけにまとわりついているさま
旧派.
母が行ったのは
腐った『シベリン』だがまだ生き生きしている
寂しさを紛らわす
切断された腕
月さえもそのぎざぎざの体を避けて
見ないふりをする
それが最終的な威厳を与える
犬は墓地の上で吠えた
その場所ではマーキンの石さえ死んでいた
「風以外は何の音もしなかった
高い草の中を吹き抜ける
倒れたれんが
ちょっと刺しただけの泥
そよ風の。..まるで〜のようだった
戦時中の雨
その土地は爆撃で破壊されたままになった

南ヒビング
誰もがここに来て
町に戻りました。しかし風は
『an』が激しくなった後、北に来た
年月が過ぎた
しかし私は若かった
だから走った
「続けられた」 。..

私はまだ走っているようだ
しかし私の道は多くの変化を経験しました
私は難民として働いてきました
精神的な言葉で言えば、物理的な言葉で言えば
多くの恐怖が消えた
多くの人の態度が落ちた
多くの夢が消えた
雪の北の方に会えると思う
再び、しかし目を変えて、 「時」 の回りに
怠惰に通りを歩かない
町の端に残る
昔の友達がいたら見つける
老人の話をする
若者
はい。..
でもちょっと止めて
私が残した 「抱擁」
今までに学んだ 「愛」
〜とは思わない
私に与えられないもの

__________

In times behind, I too
wished I'd lived
in the hungry thirties
an' blew in Woody
t' New York City
an' sang for dimes
on subway trains
satisfied at a nickel fare
an' passin' the hat
an' hittin' the bars
on eighth avenue
an' makin' the rounds
t' the union halls
but when I came in
the fares were higher
up t' fifteen cents an' climbin'
an' those bars that Woody's guitar
rattled . . . they've changed
they've been remodeled
an' those union halls
like the cio
an' the nmu
come now! can you see'em
needin' me
for a song
or two

ah where are those forces of yesteryear?
why didn't they meet me here
an' greet me here?

the underground's gone deeper
says the old chimney sweeper
the underground's outa work
sing the bells of New York
the underground's more dangerous
ring the bells of Los Angeles
the underground's gone
cry the bells of San Juan
but where has it gone to
ring the bells of Toronto

strength now shines through my window
regainin' me an' rousin' me
day by day
from the weariness
of walkin' with ghosts
that rose an' had risen
from the ruins an' remains
of the model T past
even though I clutched t' its sheet
I was still refused
an' left confused
for there was nobody there
t' let me in
a wasteland wind whistled
from behind the billboard "there's nobody home
all has moved out"
flatly denied
I turned indeed
flinched at first
but said "ok
I get the message"
feelin' unwanted? no
unloved? no
I felt nothin'
for there was nobody there
I didn't see no one
t' want or unwant
to love or unlove
maybe they're there
but won't let me in
not takin' chances
on the ones the grittin' of my teeth
for only a second
would mean
my mind has just been
swallowed whole
an' so I step back t' the street
an' then turn further down the road
poundin' on doors
lost?
not really
just out lookin'
a stranger?
no not a stranger but rather someone
who just doesn't live here
never pretendin' t' be knowin'
what's worth seekin'
but at least
without ghosts by my side
t' betray my childishness
t' leadeth me down false trails
an' maketh me drink from muddy waters
yes it is I
who is poundin' at your door
if it is inside
who hears the noise

_______________

遅れているときには、私もそうです
生きていればよかったのに
空腹の30代で
ウッディーの風
t'ニューヨークシティ
10セント硬貨のために歌った
地下鉄で
5セント硬貨で満足する
帽子を脱ぐこと
バーを打つ
8番街で
ラウンドを作る
組合会館
しかし私が入ってくると
運賃は高くなった
登山者一人当たり15セント高
ウディのギターのバー
ガタガタいう。..彼らは変わった
彼らは改造されている
それらの組合会館
お世辞がうまい
nmuの1つ
今すぐ来い!見えますか?
私を必要とする
絶対に
または2

ああ、昨日の軍隊はどこに行ったの?
なぜ彼らはここで私に会わなかったのか
ここで挨拶を?

地下は深くなっている
古い煙突掃除人は言った
地下の工事
ニューヨークの鐘を鳴らす
地下の方が危険だ
ロサンゼルスの鐘を鳴らす
地下は消えた
サンファンの鐘を鳴らす
しかしどこへ行ってしまったのでしょう
トロントの鐘を鳴らす

力は今、私の窓を通して輝く
私を『狂人』にする
日々
疲労から
幽霊と一緒に歩いている
それは'立ち上がった'
廃墟から『残骸』を
過去のモデルTの
シートを握りしめても
私はそれでも断られた
混乱した状態
そこには誰もいなかったから
私を中に入れてください
荒れ果てた風が口笛を吹いた
ビルボードの後ろから 「誰も家にいない
みんな出て行った」
きっぱりと否定される
私は確かに振り返った
最初はたじろぐ
でも 「OK」 と言いました
メッセージを受け取った」
感じているのか?いいえ
愛されてない?いいえ
私は何も感じなかった
そこには誰もいなかったから
私は1番を見ませんでした
欲しくも欲しくもない
愛するか愛さないか
そこにいるかもしれません
でも入れてくれない
危険を冒さない
歯ぎしりをして
ほんの一瞬
〜を意味する
私の心はちょうど
丸呑みにされる
道に一歩下がった
「それから道をもっと行ったところで
ドアをドンドンたたく
道に迷った?
そうでもない
用心して
知らない人?
見知らぬ人ではなくむしろ人である
ここに住んでいないだけで
知らないふりをしてはいけない
見る価値のあるもの
しかし少なくとも
私の側に幽霊がいなくても
私の子供らしさを裏切らないでください
私を間違った道に導くことはない
濁った水から私に飲まされる
はい、私です
誰があなたの家のドアを叩いているのか
中にあれば
その音を聞いた人は

_______________

Jim Jim
where is our party?
where all member's held equal
an' vow t' infiltrate that thought
among the people it hopes t' serve
an' sets a respected road
for all of those like me
who cry
"I am ragin'ly against absolutely
everything that wants t' force nature
t' be unnatural (be it human or otherwise)
an' I am violently for absolutely
everything that will fight those
forces (be them human or otherwise)"
oh what is the name of this gallant group?
lead me t' the ballot box
what man do we run?
how many votes will it take
for a new set of teeth
in the congress mouths?
how many hands have t' be raised
before hair will grow back
on the white house head?
a Boston tea party don't mean the
same thing . . . as it did in the newborn
years before. even the
meanin' of the word
has changed. ha
ha . . . t' say the least
yes that party is truly gone
but where is the party t' dump the feelings
of the fiery cross burners
an' flamin' match carriers?
if there was such a party
they would've been dumped
long before this . . . who is supposed
t' dump 'em now?
when all can see their threads hang weak
but still hold strong
loyal but dyin'

fightin' for breath
who then will kill its misery?
what sea shall we pollute?
when told t' learn
what others know
in order for a soothin' life
an' t' conquer many a brainwashed dream
I was set forth the forces on records an' books
from the forces that were sold t' me
an' could be found in hung-up style
wanderin' through crowded valleys
searchin' for what others knew
with the eagles' shadows
silent
hungry
watchin' waitin'
from high mountains
an' me just walkin'
butterflies in my head
an' bitter by now
(here! take this kid an' learn it well
but why sir? my arms're so heavy
I said take it. it'll do yuh good
but I ain't learned last night's lesson yet.
am I gonna have t' get mad with you?
no no gimme gimme just stick it on top
a the rest a the stuff
here! if yuh learn it well yuh'll
get an A . . . an' don't do anything
I wouldn't do)
and with each new brightnin' phrase
more messy
till I found myself almost swallowed
deep in burden
spinnin'
walkin' slower
heavier heavier
glassy-eyed
but at last I heard
the eagle drool
as I zombie strolled
up past the foothills
thunderstruck
an' I stopped cold
an' bellowed
"I don't wanna learn no more
I had enough"
an' I took a deep breath

turned around
an' ran for my life
shoutin' shoutin'
back t' the highway
away from the mountain
not carin' no more
what people knew about things
but rather how they felt about things
runnin' down another road
through time an' dignity
an' I have never taken off my boots
no matter how the miles have burnt
my feet . . .
an' I'm still on that road, Jim
I'm still sleepin' at night by its side
an' eatin' where it'll lead me t' food
where state lines don't stand
an' knowledge don't count
when feelings are hurt
an' I am on the side a them hurt feelings
plunged on by unsensitive hammers
an' made t' bleed by rusty nails
an' I look t' you, Jim
where is the party for those kind of feelings?
how're the gamblers that wheel an' deal an'
shuffle 'em around gonna be got outa the game?
from here in
beyond this
an' from now on

__________

ジム・ジム
私たちのパーティーはどこですか。
すべてのメンバーが平等である
その考えに浸透しないと誓う
奉仕したくない人々の間で
人は立派な道を歩む
私のような人にとっては
泣き叫ぶ人
「絶対に反対です。
自然を強制したくないものすべて
t'不自然(人間かどうかは別として)
私は絶対に暴力的だ
それらと戦うすべてのもの
力(人間であるかどうかにかかわらず)
ああ、この勇敢なグループの名前は何ですか?
投票箱を案内してください
誰を走らせる?
どのくらいの票が必要なのか
新しい歯のために
議員の口の中で?
何人の手が挙げられないのか
髪が生える前に
白馬の頭に?
ボストンのお茶会とは
同じこと。..新生児と同じように
何年も前に。さらに
言葉の意味
が変更されました。ハ
ハ。..控えめに言っても
そう、そのパーティーは本当に終わった
でもパーティーはどこで感情を捨てないの?
燃えるような十字架のバーナーの
「フラミン」 マッチキャリア?
もしそのようなパーティーがあったら
捨てられていたでしょう
これよりずっと前に。..誰だと思いますか?
捨てないのか?
糸が弱っているのが分かると
それでもなお強い
忠実だが紳士的な

息をするために戦う
誰がその惨めさを殺すのか?
どこの海を汚染しましょうか?
学べと言われても
他人が知っていること
安らかな人生のために
多くの洗脳された夢を征服することはできない
私は、記録に力を示された
私に売られた軍隊から
『hung-up styleで見つけられる』
混雑した谷をさまよう
他人が知っていることを探究する
ワシの影で
沈黙する
空腹の
待ってて
高い山から
私はただ歩くだけだ
私の頭の中の蝶々
今では苦い
(ここ!この子を連れてよく勉強しなさい
でもどうしてです?私の腕はとても重い
私はそれを取ると言いました。それはあなたのためになる
昨夜の教訓はまだ学んでいない。
怒らなくていいの?
ノーノーノーノー
残りは全部
ここだ!よく勉強すればいい。
Aを取る。..何もしない
しません)
そして新しい明るいフレーズを
もっと散らかっている
飲み込まれそうになるまで
重荷を背負っている
回転する
ゆっくり歩く
より重い
グラッシーアイの
しかしとうとう私は聞いた
ワシのよだれ
ゾンビが歩いていると
山麓を越えて
雷に打たれた
私は風邪をひいていた
怒鳴られた
「もう学びたくない
もうたくさんだ」
私は深呼吸した

振り向く
命懸けで走ること
歓声を上げる
幹線道路を裏切る
山から離れて
もう我慢できない
人々が物事について知っていること
むしろ彼らがどう感じているかを
別の道を走って行く
昔から『尊厳』を
私はブーツを脱いだことがない
マイルがどんなに燃えても
私の足。..
「おれはまだその道を歩いているんだ、ジム」
私はまだ夜隣で眠っています
それが私の食物を導くような『食べ物』
州の境界線が
知識は重要ではない
感情が傷つくと
『私は彼らの側にいて、彼らは感情を傷つけている』
無神経なハンマーで打たれる
さびた釘による'作られたt'出血
「おまえに会いたいな、ジム」
そんな感じのパーティーはどこですか?
どうやって 「取引」 をするギャンブラーなのか
シャッフルしてゲームを終わらせる?
ここから
これ以上ないほど
これからは

__________

Al's wife claimed I can't be happy
as the New Jersey night ran backwards
an' vanished behind our rollin' ear
"I dig the colors outside, an' I'm happy"
"but you sing such depressin' songs"
"but you say so on your terms"
"but my terms aren't so unreal"
"yes but they're still your terms"
"but what about others that think
in those terms"
"Lenny Bruce says there're no dirty
words . . . just dirty minds an' I say there're
no depressed words just depressed minds"
"but how're you happy an' when 're you happy"
"I'm happy enough now"
"why?"
"cause I'm calmly lookin' outside an' watchin'
the night unwind"
"what'd yuh mean unwind?"
"I mean somethin' like there's no end t' it
an' it's so big
that every time I see it it's like seein'
for the first time"
"so what?"
"so anything that ain't got no end's
just gotta be poetry in one
way or another"
"yeah, but . . . "
"an' poetry makes me feel good"
"but . . ."
"an' poetry makes me feel happy"
"ok but . . . "
"for the lack of a better word"
"but what about the songs you sing on stage?"
"they're nothin' but the unwindin' of
my happiness"

__________

アルの妻は私が幸せではないと言いました
ニュージャージーの夜が
耳の後ろに消えた
「私は外の色を気に入っています。」
「しかし、あなたはそのような憂鬱な歌を歌います」
「しかし、あなたはあなたの条件でそう言います」
「しかし私の条件はそれほど現実離れしているわけではない」
「はい、しかしそれらはまだあなたの条件です」
「でも他の人はどう思う?
これらの用語で"
「レニー・ブルースは、汚いものはないと言います。
単語。..私が言うには、ただの下品な人
落ち込んでいる言葉はなく、ただ落ち込んでいる心だ。
「でも『いつ幸せになれるか』ってのはどうやって幸せなの?」
「私は今十分幸せです」
「なぜ?」
「だって『見張り番』の外を静かに見てるんだもの。
夜が明ける」
「「リラックス」 ってどういう意味?」
「私が言いたいのは、終わりがないようなものです。
それはとても大きい
見るたびに見るようになる」
初めてだ」
「だから何?」
"終わりのないものは何でも"
1の中に詩を入れなければならない
別の方法で
「ええ、でも。..」
「詩は気分を良くする」
「しかし。.」。
「詩は私を幸せにする」
「いいけど。..」
「他に適当な言葉がないので」
「ステージで歌う曲は?」
「やつらは何でもないんだけど」
私の幸せ

__________

Woody Guthrie was my last idol
he was the last idol
because he was the first idol
I'd ever met
face t' face
that men are men
shatterin' even himself
as an idol
an' that men have reasons
for what they do
an' what they say
an' every action can be questioned
leavin' no command
untouched an' took for granted
obeyed an' bowed down to
forgettin' your own natural instincts
(for there're a million reasons
in the world
an' a million instincts
runnin' wild
an' it's none too many times
the two shall meet)
the unseen idols create the fear
an' trample hope when busted
Woody never made me fear
and he didn't trample any hopes
for he just carried a book of Man
an' gave it t' me t' read awhile
an' from it I learned my greatest lesson

you ask "how does it feel t' be an idol?"
it'd be silly of me t' answer, wouldn't it . . .?

__________

ウディ・ガスリーは私の最後のアイドルだった
彼は最後のアイドルだった
彼が最初のアイドルだったからです
私は今までに
t面
男性が男性であることを
自分自身を粉々にする
偶像として
男には理由がある
何をするにも
彼らが言うこと
あらゆる行動が疑問視される
leavin'noコマンド
当たり前のように思われていた 「手つかずの」
〜に頭を下げて従う
自分の本能を忘れてしまう
(これには無数の理由がある。
世界中で
百万の本能
荒れ狂う
何度となく
二人は会うことになっている)
目に見えない偶像が恐怖を生み出す
破壊されたときの『踏みにじられた希望』
ウッディは私を恐れさせなかった
そして、彼はどんな希望も踏みにじらなかった
というのは、彼はちょうど人間の本を持っていたからである
しばらく読まないでくれた
そこから私は最大の教訓を得た

「アイドルになった気分はどう?」と聞くと
返事をしないなんてばかげていると思いませんか?....?

__________

A Russian has three an' a half red eyes
five flamin' antennas
drags a beet-colored ball an' chain
an' wants t' slip germs
into my Coke machine
"burn the tree stumps at the border"
about the sex-hungry lunatics
out warmongerin' in the early mornin'
"poison the sky so the planes won't come"
yell the birch colored knights with

ロシア人は3つの半分赤い目を持っている
5つのフラミンアンテナ
ビート色のボールをチェーンで引きずる
保菌者
コカコーラの自動販売機に
「国境で木の切り株を燃やす」
性欲が旺盛な狂人について
「早朝の」 交戦中の
「飛行機が来ないように空を汚染する」
と白樺の騎士たちを怒鳴りつける



Copyright ©2018 NagaoAkira